Rakuten Turbo5G PR

【1分で結論!】ドコモhome5GとRakuten Turbo5Gはどちらがオススメ?7項目で比較した結果

※当サイトはプロモーションが含まれています

この記事では、ドコモhome5GとRakuten Turbo5Gを比較し、どんな方にどちらがオススメかを解説します!

よしこちゃん
よしこちゃん
どんな項目で比較するの??

当サイト独自で200人の方に調査を行った結果、インターネット回線を選ぶ際、

・約90%の方が料金の安さ
・約50%の方が速度の速さ

を重視していることがわかりました。

インターネット回線・プロバイダの選び方(重視ポイント)ランキング【200人に独自調査】インターネット回線やプロバイダの選び方に迷った経験のある方は多いと思います。速度や料金、キャンペーン特典など、どのポイントを重視すれば良いのか、判断が難しいですよね。そこで、当サイト独自で200人の方を対象に「ネット回線の選び方(重視したポイント)」についてのアンケート調査を行い、選んだ人数が多かった順にランキング化しました。ネット回線の選び方に迷っている方は、ぜひ参考にしてください。...

そこで、料金や速度を中心に、下記の7項目で比較しています。

・対応エリア
・2年間の合計料金(初期費用・月額料金)
・速度(最大速度・実測速度など)
・契約期間
・使い始められるまでの期間
・口コミ
・解約にかかる費用

【結論!】ドコモhome5GとRakuten Turbo5Gの比較結果まとめ

まずはドコモhome5GとRakuten Turbo5Gの対応エリアや2年間の合計料金、回線速度といった情報を一覧にまとめました。

ドコモhome5G Rakuten Turbo5G
対応エリア 日本全国のドコモ5G/4G LTEエリア 日本全国の楽天回線5G Sub6/4G LTEエリア
2年間の合計料金(初期費用+月額料金) 107,100円(15,000円キャッシュバック込み) 161,040円
最大速度 5G下り最大4.2Mbps・上り最大218Mbps/4G:下り最大1.7Gbps・上り最大131.3Mbps 5G下り最大2.1Gbps・上り最大218Mbps/4G下り最大391Mbps・上り最大76Mbps
実測速度(みんそく) 下り176.86Mbps/上り19.56Mbps/Ping50.5ms 下り61.5Mbps/上り33.58Mbps/Ping49.2ms

どちらもモバイル回線を使ったサービスですが、2年間の合計料金や最大速度・実際の利用者が出せている実測速度の平均値といったデータは大きく異なっています。

結論から言うと、基本的に契約するならおすすめなのはドコモhome5Gです。

天使先生
天使先生
正直2年間の合計料金や回線速度の面で有利すぎて、あえてRakuten Turbo5Gを契約するべきな人ってかなり限られてきちゃうんだよね。

ホームルーターサービスを契約するならドコモhome5Gを選んでおけば、動画再生やSNS、ネットサーフィンなど一般的な用途において不自由することなく出費も安く抑えられますよ。

ドコモhome5G
工事不要ですぐ使える5G/4G対応ホームルーター
ドコモユーザーなら毎月最大1,100円/台 割引(home 5G セット割)
現金15,000円キャッシュバック
工事不要
他社ホームルーター解約時の解約金/本体代の残債を最大22,000円分のdポイントプレゼント
【満29歳以下の方限定】当月の利用容量が30GB以下なら、最大12ヶ月間1,760円割引
端末代実質無料
データ量(ギガ)無制限
契約期間の縛りなし!いつ解約しても解約金なし

ドコモhome5Gの提供エリアは、日本全国をカバーしています(場所によってはエリア外の場合もあります。また、5G対応エリアは現在のところ一部エリアに限られます)

キャンペーン詳細をみる

公式サイトをみる

ただしドコモhome5Gには端末代が71,280円で高いというデメリットがあるので、7ヶ月以内など極端に短期間で契約する可能性があるなら端末代が安いRakuten Turbo5Gを検討してもOKです。

また詳しくは後ほど解説しますが、オンライン申込みでできるだけ早くサービスの利用を開始したい場合もRakuten Turbo5Gを検討しましょう。

Rakuten Turbo 5G
工事不要ですぐ使える5G/4G対応ホームルーター
プラン料金 通常4,840円→1年間1,980円のみで使える!
楽天モバイルとセット利用なら20,000円分のポイント還元!
工事不要
端末代実質無料
データ量(ギガ)無制限
契約期間の縛りなし!いつ解約しても解約金なし

Rakuten Turbo 5Gの提供エリアは、日本全国をカバーしています(場所によってはエリア外の場合もあります。また、5G対応エリアは現在のところ一部エリアに限られます)

>>Rakuten Turbo 5G公式サイトをみる<<

よしこちゃん
よしこちゃん
なるほどね。
天使先生
天使先生
もう少し詳しく、ドコモhome5GとRakuten Turbo5Gを比較してみようか。

ドコモhome5GvsRakuten Turbo5G 7項目での比較詳細

ドコモhome5GとRakuten Turbo5Gを、7つの項目に分けて比較してみました。

エリアや速度、料金などそれぞれどちらが優れているかを知る、参考にしてください。

対応エリア

ドコモhome5GとRakuten Turbo5Gは、どちらも日本全国での利用が可能となっています。

ドコモhome5G Rakuten Turbo5G
対応エリア 日本全国のドコモ5G/4G LTEエリア 日本全国の楽天回線5G Sub6/4G LTEエリア

ただしドコモhome5Gはドコモ、Rakuten Turbo5Gは楽天の回線エリアで利用可能である点に注意しなければいけません。

楽天回線は一応人口カバー率が98%となっていて、2020年の楽天モバイルサービス開始当初からするとかなり広い地域で通信可能になりました。

しかしそれでもまだ、楽天回線の場合地域・場所によってはエリア外になってしまうこともあります。

管理人
管理人
繋がるけどアンテナが1本しか立たない、といったこともあります。私の家の玄関ではアンテナが1本になってしまいます…。

ドコモは4G LTEエリアが2014年時点でもう人口カバー率99%を超えているほどですし、5Gエリアも2024年3月までに人口カバー率90%以上を目指してエリア拡大を進めています。

対応エリアの広さでは、ドコモが有利と考えられます。

天使先生
天使先生
古参の大手キャリアだけあって、対応エリアはやっぱりドコモが有利だね。

2年間の合計料金

続いてドコモhome5GとRakuten Turbo5Gで、契約時に発生する初期費用や月額料金、スマートフォンとのセット割、そして2年間の合計料金を比較してみました。

ドコモhome5G Rakuten Turbo5G
初期費用 3,300円、端末代71,280円は36ヶ月間の月々サポートで無料 3,300円+端末代41,580円
月額料金 4,950円 4,840円
スマートフォンとのセット割(1回線、最大額) -1,100円(ドコモ) ×
2年間の合計料金(初期費用+月額料金) 107,100円(15,000円キャッシュバック込み) 161,040円

ドコモhome5Gは事務手数料3,300円、端末代はHR02が71,280円と端末代金が非常に高額です。

しかしドコモhome5Gでは端末の分割代金月額1,980円×36回と同額が「月々サポート」という形で割り引かれるため、3年間使えば端末代を実質0円に抑えることが可能です。

また販売代理店のアイ・ティー・エックス株式会社を通してドコモhome5Gを契約すれば、15,000円のキャッシュバックも最短翌々月末を目処に受け取ることができますよ。

Rakuten Turbo5Gは契約事務手数料が3,300円、ルーターは41,580円と一件安価に見えますが、実はとくに割引特典などがありません。

よしこちゃん
よしこちゃん
つまり、端末代がそのままかかっちゃうってわけね…。

月額料金だけを見ると90円ほどRakuten Turbo5Gが安価ですが、端末代の負担やキャッシュバック特典を考慮すると2年間の合計料金はドコモhome5Gの方が割安となりました。

ドコモスマートフォンとのセット割がある点でも、ドコモhome5Gが有利ですね。

速度

ドコモhome5GとRakuten Turbo5Gで、回線の仕様上の最大速度や「みんそく」に掲載されていた実測速度の平均値を比較してみました。

ドコモhome5G Rakuten Turbo5G
最大速度 5G下り最大4.2Mbps・上り最大218Mbps/4G:下り最大1.7Gbps・上り最大131.3Mbps 5G下り最大2.1Gbps・上り最大218Mbps/4G下り最大391Mbps・上り最大76Mbps
実測速度(みんそく) 下り176.86Mbps/上り19.56Mbps/Ping50.5ms 下り61.5Mbps/上り33.58Mbps/Ping49.2ms

最大速度は5G・4Gともにドコモhome5Gが高速で、実測速度についても下り速度は圧倒的にドコモhome5Gが高速・上り速度はRakuten Turbo5Gが高速、Pingは同程度でした。

みんそくにおける測定件数はドコモhome5Gが70449件に対してRakuten Turbo 5Gは65件しかなく、大きな差がある上でなお下り速度はドコモhome5Gが3倍近い圧倒的な速さとなっていました。

天使先生
天使先生
最大速度が速いだけあって、実測速度にもだいぶ差があるみたいだね。

上り速度はRakuten Turbo5Gの方が高速でしたが、どちらも圧倒的に高速!というわけではないので、基本的に上り速度目当てでRakuten Turbo5Gを選ぶ必要性は薄いと考えられます。

天使先生
天使先生
動画配信やクラウドストレージへのデータ転送、仕事などで高速な上り速度が必要な人は、そもそも上り最大1Gbps対応の光回線などを選ぶのがおすすめ!

契約期間

ドコモhome5GとRakuten Turbo5Gで、契約期間を比較してみました。

ドコモhome5G Rakuten Turbo5G
契約期間 なし なし
契約更新月 なし なし

どちらも契約期間はなく、いつでも自由に違約金不要で解約可能です。

ただし解約時にかかる費用については注意が必要となっているので、記事の後半で説明します。

天使先生
天使先生
料金プランの違約金はないんだけど、完全無料で解約できるかどうかは解約のタイミング次第になってくるんだよね。

使い始められるまでの期間

ドコモhome5GとRakuten Turbo5Gで、契約を申し込んでから使い始められるまでの機関を比べてみました。

ドコモhome5G Rakuten Turbo5G
使い始められるまでの期間 不明(店舗契約も可能) 最短2日(店舗契約も可)

ドコモhome5Gをオンラインで申し込む場合は一旦申込書類キットを受け取って書類を記入・返送後、最終確認の電話を受けた後に契約書類や端末が発送されます。

結果的にドコモhome5Gでは申込みから1週間以上などある程度長めの待ち時間が発生する可能性があるので、注意が必要です。

ただしドコモショップなどの店頭で契約するのであれば、在庫があれば即日で利用開始できると考えられますよ。

Rakuten Turbo5Gは書類の送付~返送といった工程がないので、オンライン申込みでも最短2日で利用を開始できます。

また楽天モバイルのショップで契約するなら、最短即日で利用を開始可能です。

天使先生
天使先生
利用開始までの待ち時間の短さでは、Rakuten Turbo5Gが有利だね。

口コミ

天使先生
天使先生
ドコモhome5GとRakuten Turbo5Gで迷ってどちらかに決めた方、ドコモhome5G利用中の方、Rakuten Turbo5G利用中の方、それぞれの口コミを紹介するね

ドコモhome5GとRakuten Turbo5Gを比較検討した方の評判・口コミ

ドコモhome5GとRakuten Turbo5Gどちらを選んだ? 選んだ理由
ドコモhome5G 固定回線にしなかったのは、回線工事の許可を取るのが面倒だったのと、ホームルーターなら早めに使い始められる点をメリットに感じたからです。home5Gは、ホームルーターの中で評判が良かったので選びました。
Rakuten Turbo5G 楽天ポイントがたまるから

ドコモhome5G利用者の評判・口コミ

Rakuten Turbo5G利用者の評判・口コミ

解約にかかる費用

ドコモhome5GとRakuten Turbo5Gで、解約にかかる費用を比較してみました。

ドコモhome5G Rakuten Turbo5G
解約にかかる費用 0円+36ヶ月以内の解約時は端末代残債最大71,280円 0円+24ヶ月または48ヶ月以内の解約時は端末代残債最大41,580円

ドコモhome5Gは違約金が0円ですが、36ヶ月以内に回線を解約した場合その時点で残っている端末残債(1,980円×36ヶ月目までの残月数)を支払わなければいけません。

例えばドコモhome5Gを1年使って解約する場合は24回分の分割代金が残っているため、総額47,520円かかってしまいます。(2年なら12回分なので23,760円)

よしこちゃん
よしこちゃん
2年使っても2万円以上の負担になるのは、ちょっと大変ね…。

Rakuten Turbo5Gも端末の分割代金を支払い終えるよりも前の段階で解約したら違約金が発生、例えば24ヶ月間の分割契約で1年使って解約する場合は、20,784円かかります。

端末代金そのものはRakuten Turbo5Gの方が割安なため、残債を支払い終える前に解約する場合は基本的にRakuten Turbo5Gの方が違約金の負担は軽いと考えられます。

よしこちゃん
よしこちゃん
なるほど、端末代金の存在には要注意ね…。

ただし、そもそもドコモは解約するまでの間端末の分割代金が月々サポートで抑えられます。

結果として、2年間ぴったり使って解約するなら端末代込みでドコモhome5Gは130,860円の合計料金となり、実は端末代を完済したRakuten Turbo5Gの161,040円より3万円以上割安でした。

1年間だけ使って解約する場合はドコモhome5Gだと残債込みで95,220円、Rakuten Turbo5Gは102,960円でやはりドコモhome5Gの方が割安です。

よしこちゃん
よしこちゃん
意外とRakuten Turbo5Gの方が安く解約できるタイミングって短いのかしら…?
ドコモhome5G Rakuten Turbo5G
7ヶ月で解約した場合の合計料金 80,370円 78,760円
8ヶ月で解約した場合の合計料金 83,340円 83,600円

利用期間が7ヶ月だとドコモhome5Gが80,370円・Rakuten Turbo5Gは78,760円、8ヶ月ではドコモhome5Gが83,340円・Rakuten Turbo5Gが83,600円となっていましたので、7ヶ月以内にやめる可能性があるならRakuten Turbo5G、8ヶ月以上使うならドコモhome5Gがおすすめと考えられます。

よしこちゃん
よしこちゃん
なかなかややこしいわね…。

ドコモhome5GとRakuten Turbo5Gはどちらがオススメ?

ドコモhome5GとRakuten Turbo5Gはどちらがどんな人におすすめか、解説します。

ドコモhome5Gがおすすめな方

ドコモhome5Gは、以下の条件に当てはまる方におすすめです。

  • 高速な通信回線で、動画やSNS、ネットサーフィンなどを快適に楽しみたい
  • エリアが広いサービスを利用して、安定した通信を行いたい
  • 端末代金など、各種費用の負担を抑えたい

エリアが広いだけでなく通信速度が最大速度・実測速度(下り速度)共に速く、料金的にも月々サポートやキャッシュバックのおかげで割安なので、基本的に安く快適な通信を行いたいならドコモhome5Gがおすすめです。

ただし36ヶ月以内に解約する際は高額な端末代の残債を請求されることになるので、7ヶ月以内など短い期間で利用をやめる可能性がある場合はご注意ください。

ドコモhome5G
工事不要ですぐ使える5G/4G対応ホームルーター
ドコモユーザーなら毎月最大1,100円/台 割引(home 5G セット割)
現金15,000円キャッシュバック
工事不要
他社ホームルーター解約時の解約金/本体代の残債を最大22,000円分のdポイントプレゼント
【満29歳以下の方限定】当月の利用容量が30GB以下なら、最大12ヶ月間1,760円割引
端末代実質無料
データ量(ギガ)無制限
契約期間の縛りなし!いつ解約しても解約金なし

ドコモhome5Gの提供エリアは、日本全国をカバーしています(場所によってはエリア外の場合もあります。また、5G対応エリアは現在のところ一部エリアに限られます)

キャンペーン詳細をみる

公式サイトをみる

Rakuten Turbo5Gがおすすめな方

Rakuten Turbo5Gは、以下の条件に当てはまる方におすすめです。

  • 申し込んでからできるだけ早く使い始めたい
  • 7ヶ月以内など短期間で解約する可能性がある

Rakuten Turbo5Gはオンライン申込みでも最短2日で利用を開始可能、7ヶ月以内など短期間で解約する場合は出費を抑えられます。

天使先生
天使先生
正直、よほどすぐ利用をやめるのでない限りは快適かつ割安なドコモhome5Gがおすすめだね。
Rakuten Turbo 5G
工事不要ですぐ使える5G/4G対応ホームルーター
プラン料金 通常4,840円→1年間1,980円のみで使える!
楽天モバイルとセット利用なら20,000円分のポイント還元!
工事不要
端末代実質無料
データ量(ギガ)無制限
契約期間の縛りなし!いつ解約しても解約金なし

Rakuten Turbo 5Gの提供エリアは、日本全国をカバーしています(場所によってはエリア外の場合もあります。また、5G対応エリアは現在のところ一部エリアに限られます)

>>Rakuten Turbo 5G公式サイトをみる<<

ドコモhome5GとRakuten Turbo5G以外におすすめの光回線

ドコモhome5GとRakuten Turbo5G以外にも、回線速度が速くて料金も安い光回線がたくさんあります!

天使先生
天使先生
ドコモhome5GとRakuten Turbo5G以外も選択肢に入れた方が、自分に合った光回線が見つかりやすいよ

下記の記事では、ドコモhome5GとRakuten Turbo5Gも含めた速くて安いおすすめの光回線21種類を、住居タイプ×利用しているスマホキャリア(格安SIMも含む)の34パターンで安い順にランキング化しています。

ここを見るだけで、最適な(速くて安い)光回線が見つかるように作っていますので、ぜひ参考にしてください!

【34パターン網羅!】回線速度が速い&実質料金が安いおすすめ光回線ランキング【2024年2月最新】結局のところ、回線速度が速くて実質料金が安い光回線はどれなのか。光回線を選ぶ際、多くの方が知りたいであろうこの疑問にお答えすべく、回線速度の速いおすすめ光回線21種類の実質料金(初期費用やキャンペーン還元・スマホセット割も含めた2年間の合計料金)を、住居タイプ(戸建てor集合住宅)とスマホキャリアの掛け合わせ34パターンで比較し、ランキングにしました。光回線選びに失敗したくない方はぜひご覧ください!...