光回線

ドコモ+ドコモ光ユーザーがahamoにするなら光回線も見直しが必要!ドコモ光から乗り換えるべき光回線を解説

よしこちゃん
よしこちゃん
今ドコモのスマホとドコモ光を使ってるんだけど、ドコモをahamoに乗り換えようと思うんだ。ドコモ光って、そのまま使っていいのかな?
天使先生
天使先生
ahamoでも引き続きドコモ光は使えるけど、セット割がなくなることに注意!できればもっと安い光回線に乗り換えるのがおすすめだよ!

現在スマホをドコモ、光回線をドコモ光で使っていて、ドコモを月額料金が安いahamoに乗り換えようと考えている方も少なくないでしょう。

スマホをドコモからahamoにプラン変更する場合は、ドコモ光からもっとお得な他の光回線に乗り換えるのがおすすめです。

この記事では、ahamoへ乗り換える際にドコモ光を他社に乗り換えるべきである理由や、ドコモ光からの乗り換えにおすすめの光回線を紹介します。

ドコモからahamoに変えるなら、ドコモ光も変えないともったいない理由

ドコモ光からahamoにプランを切り替える時は、ドコモ光も合わせて他社に乗り換えるのがおすすめです。

天使先生
天使先生
というのも、実はahamoユーザーがドコモ光に留まるメリットはほとんどないというか…乗り換えるメリットのほうが大きいんだ。

なぜahamoへの変更にあたってドコモ光を他社に乗り換えるべきなのか、理由を解説します。

①ドコモ光セット割が適用できなくなる

ahamoへの変更に合わせてドコモ光から他社に乗り換えるべきである最大の理由は、ahamoだとドコモ光セット割が適用できなくなるためです。

ドコモユーザーはドコモ光の契約で月額最大1,100円の割引を受けられますが、ahamoだと割引対象外になってしまいます。

家族にドコモを引き続き使っている人がいれば、ドコモ契約の回線に対しては今後も割引を受けられますが、1人もいなければ割引は一切ありません。

よしこちゃん
よしこちゃん
スマホ代が安くなるからドコモ光を選んでた人には、大打撃だね…。
天使先生
天使先生
もちろんドコモをahamoに変更すればスマホ代は安くなるわけだけど、一緒にドコモ光を使い続けるメリットはなくなっちゃうってこと。

②ドコモ光より安く使える光回線がある

ahamoと一緒に使う場合は、ドコモ光よりも他の安い光回線を選ぶのがおすすめになります。

ahamoだとドコモ光とのセット割を受けられません。

セット割を考えないのであれば、ドコモ光よりも基本料金が安い回線に乗り換えるだけで固定出費を削減できますよ。

基本料金がドコモ光より安い光回線がいくつかあるので、記事の後半で説明していきます。

③回線速度も遅くならない

よしこちゃん
よしこちゃん
でも、ドコモ光より安くなったとしても、速度が遅くなったりしたら困るよね…
天使先生
天使先生
ドコモ光以外の光回線でも、しっかり良いものを選べば速度が遅くなることはないよ!

光回線選びには、月額料金などの安さだけでなく、回線速度の速さも重要です。

せっかく料金が下がっても、速度が遅くて何も快適にできないようでは、総合的には損となってしまいます。

ドコモ光では20社以上の中から好きなプロバイダを選んで契約でき、v6プラスなどの「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」v6プラスなどの「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」接続に対応しているプロバイダは、回線速度が速いところが多いです。

ドコモ光から乗り換える際も、IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6対応などの高速通信ができる光回線を選べば、回線速度が遅くなる心配は少なくなります。

よしこちゃん
よしこちゃん
契約前に、しっかり情報をチェックすればほぼ大丈夫ってことね。
スポンサーリンク

【ahamoとのセットに最適】ドコモ光からの乗り換えにおすすめの光回線3選

ここからは、ドコモからahamoへの乗り換えに合わせて、ドコモ光からはどの光回線に乗り換えるべきかを解説します。

ドコモ光からの乗り換え先を選ぶポイントとしては、以下の3点が挙げられます。

  • 基本的にセット割抜きで、シンプルに月額料金が安い光回線を選ぶ
  • v6プラスなどの「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」接続に対応していて、回線速度が速い光回線を選ぶ
天使先生
天使先生
お得かつ快適に使うために、それぞれ重要なポイントだね。

以上の条件を満たす光回線の中で、私がおすすめするのは下記の3回線です。

①GMO光アクセス(戸建て:4,488円/月 マンション:3,498円/月)

②enひかり(戸建て:4,818円/月 マンション:3,718円/月) ※ahamoとのセット割「勝手に割り」(毎月110円割引)込み

③エキサイトMEC光(戸建て:4,950円/月 マンション:3,850円/月)

いずれもIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6の利用に必要なオプション料金込みでの月額料金を記載しています。

ドコモ光(タイプAプロバイダ)は戸建て月額5,720円、マンション:4,400円なので、上記3回線の月額料金はいずれもドコモ光より安いことがわかります。

よしこちゃん
よしこちゃん
マンションは3,000円台、戸建住宅でも5,000円未満で使えるのね。確かに、ドコモ光よりも安いね!

以上の3回線なら、ドコモ光を今後も使い続けるより圧倒的にお得で、工事不要なため手間も少ない乗り換えが可能ですよ。

なお「enひかり」は、ahamoとのセット割引で「勝手に割り」を提供しています。

「勝手に割り」による割引額は毎月110円と少ないですが、ahamoユーザーにとっては間違いなくお得な存在です。

天使先生
天使先生
毎月で考えるとジュース1本分くらいだけど、1年間で総額1,320円、5年使えば6,600円だから、チリも積もれば山になるんだ。

どれが一番おすすめ?料金と速度で比較

ここからは、おすすめの光コラボ3回線を「料金(2年間の合計)」と「回線速度(実測)」で比較します。

どれが一番おすすめなのかを解説していくので、乗り換え先を選ぶ参考にしてくださいね。

料金

GMO光アクセスとenひかり、そしてエキサイトMEC光で、事務手数料や月額料金、2年間の合計料金を比べてみました。

天使先生
天使先生
一番安いものを青字にしてみたよ。
GMO光アクセス enひかり エキサイトMEC光
事務手数料 3,300円 3,300円 3,300円
戸建てタイプ月額料金

(IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続利用料込み)

4,818円
※工事費込み
4,708円 ※v6プラス対応Wi-Fiルーターの購入が別途必要(例 AtermのPA-WX3000HPで約11,000円) 5,060円※IPv6対応ルーターレンタル料(110円)込み
マンションタイプ月額料金

(IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続利用料込み)

3,773円
※工事費込み
3,608円※v6プラス対応Wi-Fiルーターの購入が別途必要(例 AtermのPA-WX3000HPで約11,000円) 3,960円※IPv6対応ルーターレンタル料(110円)込み
2年間の合計料金(戸建てタイプ) 118,932円 127,292円 124,740円
2年間の合計料金(マンションタイプ) 93,852円 100,892円 98,340円

※enひかりの月額料金と2年間の合計料金は、「勝手に割り」(毎月110円割引)を適用、2年間の合計料金はv6プラス対応Wi-Fiルーター(例としてAtermのPA-WX3000HPで約11,000円)の購入費も込みの金額で設定しています。

料金を比べてみた結果、2年間の合計料金が一番安いのは、戸建住宅・マンションともにGMO光アクセスでした。

GMO光アクセスはv6プラス(IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6)対応Wi-Fiルーターを月額0円でレンタルでき、月額料金そのものの金額も安いので、結果的に最安となりました。

回線速度を高速化できるIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6を利用するには、「接続方式変更のオプションの申し込み」と「IPv4 over IPv6に対応しているWi-Fiルーターを購入またはレンタル」する必要があります。

通常はどちらも有料になりますが、GMO光アクセスであれば、なんと「接続オプション」も「Wi-Fiルーターレンタル」も無料なので、追加費用をかけることなく回線を高速化できます

よしこちゃん
よしこちゃん
料金の安さ重視なら、細かい条件とかもなく、もれなくGMO光アクセスがお得なのね。

回線速度(実測)

GMO光アクセスとenひかり、エキサイトMEC光で、回線速度を比較してみました。

GMO光アクセス enひかり エキサイトMEC光 (参考)ドコモ光
下り(平均) 347.72Mbps 313.96Mbps 310.61Mbps 240.04Mbps
上り(平均) 298.25Mbps 216.99Mbps 253.68Mbps 182.91Mbps
Ping 不明 17.07ms 16.43ms 21.67ms

※GMO光アクセスの計測対象期間:2020年6月1日~2021年5月31日(出典:公式サイト)、enひかり、エキサイトMEC光、ドコモ光の速度は2021年6月22日時点の「みんそく」による調査結果です。

回線速度は、上り・下りともにGMO光アクセスが高速となっていました。

天使先生
天使先生
実は、回線事業者自身で回線速度の実測値を公表しているところはほとんどないんだけど、GMO光アクセスを運営している「GMOとくとくBB」は、公式サイトにデカデカと掲載しているんだよね。

これだけ大々的に情報を出せるのは、回線速度の速さにかなり自信を持っていることの現れだろうね。

管理人
管理人
私自身も、ドコモ光のプロバイダをGMOとくとくBBにして使っていますが、かなり速くて快適です!
【実際に利用中!】GMO×ドコモ光のキャンペーン~実測速度・利用金額まで画像やデータつきで超詳細に解説!GMOとくとくBB×ドコモ光を実際に利用中の私が、GMOとくとくBB×ドコモ光のキャンペーン内容、実測速度や利用料金の実例、工事、メリット・デメリット、評判・口コミ~設定、さらにはGMOとくとくBBへの独自取材までを行い、全19項目をまとめました!速度や料金については実際のデータを交え、公式サイトより詳細に解説しています!...
天使先生
天使先生
ただしいずれも数値的には高速だから、体感的には他の2社も同じくらい快適だと考えられるよ。
よしこちゃん
よしこちゃん
なるほどね。今回比較してる3社って、速度はドコモ光よりも速いんだね!

オンラインゲームをラグ(操作と動きのズレ)を発生させず楽しみたい場合などに重要な数値「Ping」のみ、GMO光アクセスだと情報がありませんでした。

ドコモ光のGMOとくとくBBは、みんそくだと2021年6月23日時点で下り285.67Mbps、上り202.51Mbps、Ping23.57msです。

GMO光アクセスも同じくらいの数値だとすると、そこまで差は大きくないため、オンラインゲームなども概ね他社と同程度の快適さであると考えられます。

天使先生
天使先生
GMO光アクセスと別サービスだからちょっと数値の傾向が異なる可能性もあるんだけど、一応参考情報として覚えておいてね。

【結論】ahamoとセットで使うなら「GMO光アクセス」が一番おすすめ

料金や速度を比較してみた結果、ahamoとセットで使うならGMO光アクセスが一番おすすめであることがわかりました。

GMO光アクセスは月額料金が安くv6プラスのオプション料金もなし、v6プラス対応Wi-Fiルーターも整備品(整備された中古品)ではありますが、無料でレンタル可能です。

さらにGMO光アクセスは通信速度も十分な高速なので、GMO光アクセスは料金・速度ともに満足の仕様となっていました。

ahamoとGMO光アクセスをセットで契約し、活用してみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。