GMO光アクセス PR

【1分で結論!】GMOとくとくBB光(GMOアクセス)とGMOとくとくBB光miniはどちらがオススメ?7項目で比較した結果

※当サイトはプロモーションが含まれています

この記事では、GMOとくとくBB光(GMOアクセス)とGMOとくとくBB光miniを比較し、どんな方にどちらがオススメかを解説します!

よしこちゃん
よしこちゃん
どんな項目で比較するの??

当サイト独自で200人の方に調査を行った結果、インターネット回線を選ぶ際、

・約90%の方が料金の安さ
・約50%の方が速度の速さ

を重視していることがわかりました。

インターネット回線・プロバイダの選び方(重視ポイント)ランキング【200人に独自調査】インターネット回線やプロバイダの選び方に迷った経験のある方は多いと思います。速度や料金、キャンペーン特典など、どのポイントを重視すれば良いのか、判断が難しいですよね。そこで、当サイト独自で200人の方を対象に「ネット回線の選び方(重視したポイント)」についてのアンケート調査を行い、選んだ人数が多かった順にランキング化しました。ネット回線の選び方に迷っている方は、ぜひ参考にしてください。...

そこで、料金や速度を中心に、下記の7項目で比較しています。

・対応エリア
・2年間の合計料金( 初期費用・月額料金)
・速度(最大速度・実測速度など)
・契約期間
・使い始められるまでの期間
・口コミ
・解約にかかる費用

【結論!】GMOとくとくBB光(GMOアクセス)とGMOとくとくBB光miniの比較結果まとめ

まずは通常のGMOとくとくBB光(GMOアクセス)とGMOとくとくBB光miniで、契約可能なエリアや2年間の合計料金、最大速度・実測速度といった情報の比較結果をまとめました。

GMOとくとくBB光 GMOとくとくBB光mini
対応エリア 日本全国 日本全国
2年間の合計料金(初期費用+月額料金) 戸建住宅118,932円/マンション93,852円

※48,000円キャッシュバック適用時戸建住宅70,932円/マンション45,852円

※40,000円キャッシュバック適用時戸建住宅78,932円/マンション53,852円

※5,500円キャッシュバック適用時戸建住宅113,432円/マンション88,352円

戸建住宅116,820円/マンション90,420円

※58,000円キャッシュバック適用時戸建住宅58,820円/マンション32,420円

※50,000円キャッシュバック適用時戸建住宅66,820円/マンション40,420円

※5,000円キャッシュバック適用時戸建住宅円111,820円/マンション85,420円

最大速度 上下1Gbps 上下1Gbps
※混雑時は速度が遅くなる場合あり
実測速度(みんそく) 下り260.27Mbps/上り282.8Mbps/Ping19.01ms 情報無し
ダークファイバー回線/独自回線/IPv4 over IPv6対応の光コラボorフレッツ光にあてはまるか ○(v6プラスを無料で利用可能) ○(v6プラスを無料で利用可能)

どちらもエリアは共通ですが料金的にはGMOとくとくBB光miniが割安、速度的には通常のGMOとくとくBB光が有利となっていました。

天使先生
天使先生
残念ながらまだGMOとくとくBB光miniの実測速度は情報が揃ってないけど、仕様として明確に「混雑時は遅くなる場合がある」としているので速度重視なら間違いなく通常のGMOとくとくBB光がおすすめ!

つまり、混雑する時間帯にネットを使う予定がなく安さを徹底的に求めるならGMOとくとくBB光miniがおすすめです。

GMOとくとくBB光mini
v6プラス対応の高速回線
5,000円キャッシュバック(新規契約も乗り換えも全員対象!)
【乗り換え前のネット回線の違約金などがかかる場合】最大6万円キャッシュバック!(5,000円キャッシュバックと併せて最大6.5万円キャッシュバック!)
オプション加入で、さらに最大24,000円キャッシュバック(全部合わせて合計最大8.9万円キャッシュバック!)
新規工事費実質無料
解約時の違約金0円
v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタル無料
【開通までネット環境がない方におすすめ】モバイルWi-Fiルーター(WiMAX)が1日あたり165円、1ヶ月単位でレンタルできる

GMO光アクセスの提供エリアは、日本全国をカバーしています(場所によってはエリア外の場合もあります)

他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら

  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

光コラボからの「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。

キャンペーン詳細をみる

公式サイトをみる

反対に多少支払額が上がっても良いのでできるだけ快適にいつでもネットを使いたいなら、GMOとくとくBB光を選ぶのがおすすめとなります。

1月~4月ごろはネット回線の申し込みが増え、開通工事待ちの期間が長くなってしまうことが多いです!

そのため、ネット回線の乗り換えや新規契約をすることが決まったら、なるべく早めに申し込むことをオススメします!(※引越し先で使うネット回線の場合は特にお早めに!)

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)
光コラボアワード2023 総合満足度最優秀賞受賞!(「回線品質の部」「回線スピードの部」でも最優秀賞受賞!)
v6プラス対応の高速回線
5,000円キャッシュバック(新規契約も乗り換えも全員対象!)
【乗り換え前のネット回線の違約金などがかかる場合】最大6万円キャッシュバック!(5,000円キャッシュバックと併せて最大6.5万円キャッシュバック!)
オプション加入で、さらに最大24,000円キャッシュバック(全部合わせて合計最大8.9万円キャッシュバック!)
新規工事費実質無料
解約時の違約金0円(2年ごとの自動更新ですが、上記バナーか下記ボタンのリンク先ページからの申し込み限定で違約金が0円になるキャンペーン)
v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタル無料
3,300円(1回のみ支払い)で追加でルーター1台がもらえる(おかわりルーターオプション)
【開通までネット環境がない方におすすめ】モバイルWi-Fiルーター(WiMAX)が1日あたり165円、1ヶ月単位でレンタルできる

GMO光アクセスの提供エリアは、日本全国をカバーしています(場所によってはエリア外の場合もあります)

他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら

  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

光コラボからの「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。

キャンペーン詳細をみる

公式サイトをみる

よしこちゃん
よしこちゃん
なるほどね。
天使先生
天使先生
それでは、もう少し詳しくサービスを見ていこうか。

GMOとくとくBB光(GMOアクセス)vsGMOとくとくBB光mini 7項目での比較詳細

GMOとくとくBB光とGMOとくとくBB光miniで、対応エリアや速度などを7項目に分けて比較しました。

同じGMOとくとくBBの光コラボなので似通っている部分もありますが、料金やキャンペーン特典など内容が異なる部分もあるのでご注意ください。

対応エリア

GMOとくとくBB光とGMOとくとくBB光miniは、どちらも同じ日本全国対応です。

GMOとくとくBB光 GMOとくとくBB光mini
対応エリア 日本全国 日本全国

NTTフレッツ光のエリア内であれば、GMOとくとくBB光とGMOとくとくBB光miniの両方から好きな方を選んで契約できます。

東日本に住んでいる方はNTT東日本のホームページ、西日本に住んでいる方はNTT西日本のホームページでエリア検索をし、フレッツ光のエリア内となっていれば利用可能です。

片方を契約できないエリアの場合、必然的にもう片方も契約できないことになるのでご注意ください。

天使先生
天使先生
GMOとくとくBB光はフレッツ光回線を使っている光コラボなので、mini含め広いエリアで契約できるんだ!
よしこちゃん
よしこちゃん
地方に住んでいる人とかも契約しやすいのは、嬉しいわね。

2年間の合計料金

GMOとくとくBB光とGMOとくとくBB光miniで、契約時にかかる初期費用や毎月支払う月額料金、スマートフォンとのセット割、そして2年間の合計料金を比較しました。

GMOとくとくBB光 GMOとくとくBB光mini
初期費用 3,300円+割引キャンペーン適用時36ヶ月利用で工事費実質0円(通常戸建住宅26,400円、マンション25,300円) 3,300円+割引キャンペーン利用時36ヶ月利用で工事費実質0円(通常戸建住宅26,400円、マンション25,300円)
月額料金 戸建住宅4,818円/マンション3,773円
※v6プラス対応ルーターレンタル無料
戸建住宅4,400円/マンション3,300円
+v6プラス対応ルーターレンタル料330円
スマートフォンとのセット割

(1回線、最大額)

× ×
2年間の合計料金

(初期費用+月額料金)

戸建住宅118,932円/マンション93,852円

※48,000円キャッシュバック適用時戸建住宅70,932円/マンション45,852円

※40,000円キャッシュバック適用時戸建住宅78,932円/マンション53,852円

※5,500円キャッシュバック適用時戸建住宅113,432円/マンション88,352円

戸建住宅116,820円/マンション90,420円

※58,000円キャッシュバック適用時戸建住宅58,820円/マンション32,420円

※50,000円キャッシュバック適用時戸建住宅66,820円/マンション40,420円

※5,000円キャッシュバック適用時戸建住宅円111,820円/マンション85,420円

結論から言うと、2年間の合計料金は基本的にGMOとくとくBB光miniの方が少し安価です。

初期費用はどちらも契約事務手数料が3,300円、割引キャンペーン適用により工事費は36ヶ月間の月額割引で実質0円になる仕様でした。

3年間使う前提なら、GMOとくとくBB光もGMOとくとくBB光miniも工事費の支払いを気にする必要はありません。

一方で注意したいのは、v6プラスによる高速通信のために必要なWi-Fiルーターのレンタル料金の有無です。

GMOとくとくBB光なら高速通信に必要なルーターを無料でレンタル可能・37ヶ月間使えば返却不要となりますが、GMOとくとくBB光miniでは別料金が発生します。

GMOとくとくBB光miniの申し込み画面にルーターレンタルの必要・不要という項目もなく、基本的に自前のルーターがあるなどしてもレンタルは必須であると考えられます。(miniでも3年間使えば返却不要の特典はあります)

天使先生
天使先生
つまり、GMOとくとくBB光miniの月額料金って基本料金に+330円した金額が実際にかかる金額なんだよね。
GMOとくとくBB光 GMOとくとくBB光mini
月額料金 戸建住宅4,818円/集合住宅3,773円 戸建住宅4,400円/集合住宅3,300円
ルーターレンタル料 なし 330円
合計 戸建住宅4,818円/集合住宅3,773円 戸建住宅4,730円/集合住宅3,630円

Wi-Fiルーターのレンタル料金を踏まえると、実は両者の差額は戸建住宅88円・集合住宅143円しかありません。

よしこちゃん
よしこちゃん
思ったより料金に差がないのね…。

ただしGMOとくとくBB光とminiではキャッシュバック金額が異なり、GMOとくとくBB光は最大48,000円、miniは最大58,000円となっています。

GMOとくとくBB光 GMOとくとくBB光mini
誰でも受けられるキャッシュバック
※乗り換え時の違約金なしの方が利用可能
5,500円 5,000円
乗り換え時違約金・工事費残債発生時のキャッシュバック 40,000円 50,000円
オプション申し込みのキャッシュバック GMOひかりテレビ:5,000円/GMOひかり電話:3,000円

合計 最大48,000円 最大58,000円

結果としてGMOとくとくBB光miniの方が割安、乗り換えの場合戸建住宅は12,112円、集合住宅は13,432円ほどお得となっています。

新規契約でもminiの方が戸建住宅は1,612円、集合住宅は2,932円安価です。

よしこちゃん
よしこちゃん
なるほど、キャンペーン特典を含めるとけっこう差が大きくなるのね。

そしてスマートフォンとのセット割は、GMOとくとくBB光・mini共に利用できないのでご注意ください。

天使先生
天使先生
同じGMOとくとくBBがプロバイダの光回線でも、ドコモ光であればドコモスマホを毎月最大1,100円引きで使えるけどね。

速度

GMOとくとくBB光とGMOとくとくBB光miniで、回線仕様上の最大速度や「みんなのネット回線速度」を元にした利用者が実際に出せている実測速度の平均値などを比べてみました。

GMOとくとくBB光 GMOとくとくBB光mini
最大速度 上下1Gbps 上下1Gbps
※混雑時は遅くなる場合あり
実測速度(みんそく) 下り260.27Mbps/上り282.8Mbps/Ping19.01ms 情報無し
ダークファイバー回線/独自回線/IPv4 over IPv6対応の光コラボorフレッツ光にあてはまるか ○(v6プラスを無料で利用可能) ○(v6プラスを無料で利用可能)

どちらも上下最大1Gbpsの高速回線で、「v6プラス」により回線混雑を避けて高速通信を行える仕様です。

GMOとくとくBB光・GMOとくとくBB光mini共にv6プラス対応の無線LANルーターをレンタルでき、ルーターを工事で設置されたONUに接続すればすぐインターネットが利用可能になることも見逃せません。

ただし、注意したいのはGMOとくとくBB光miniだと「通信が混雑した際には速度が遅くなる場合がある」と明言されていることです。

光回線は自宅向けのサービスなので、主に会社や学校が終わって家でネットを使う人が多くなる夜などにネットを使うことが多い方は注意が必要であると考えられます。

ただしもしもGMOとくとくBB光miniの速度に不満が生じてしまったら、通常のGMOとくとくBB光へプラン変更も最短当日で行えるのでご安心ください。

マイページのBBnaviから前日17時までに手続きすれば、当日中にプラン変更が適用されます。

よしこちゃん
よしこちゃん
とりあえずminiで契約してみて、厳しかったら通常のGMOとくとくBB光にすることもできるのね。

実測速度はGMOとくとくBB光については全く問題ない高速で、オンラインゲームや動画の高画質再生、動画配信などスムーズに行えると考えられます。

GMOとくとくBB光miniはまだ始まって日が浅いサービスであることもあり、具体的な計測データが存在しませんでした。

契約期間

GMOとくとくBB光とGMOとくとくBB光miniは、どちらも契約期間の縛りがありません。

GMOとくとくBB光 GMOとくとくBB光mini
契約期間 なし なし
契約更新月 なし なし

いつでも違約金不要で解約できるので、安心ですね。

ただし、新規契約の場合完全に無料で解約できるのは契約4年目以降となります。

よしこちゃん
よしこちゃん
なんで?
天使先生
天使先生
回線工事費が初期費用として存在しているからなんだ。

詳しくは、この後の解約にかかる費用の項目で説明します。

使い始められるまでの期間

GMOとくとくBB光やGMOとくとくBB光miniを申し込んでから使い始められるようになるまでの期間は、最短で2週間です。

GMOとくとくBB光 GMOとくとくBB光mini
契約 最短2~3週間(繁忙期等は1~2ヶ月以上)
※転用・事業者変更時は2週間程度

申し込み希望者が多い繁忙期などは1~2ヶ月以上かかる場合もあります。

またフレッツ光からの転用や、他社光コラボからの事業者変更で申し込む場合は2週間程度で開通可能です。

天使先生
天使先生
どちらも同じGMOとくとくBBの光コラボなので、申し込みから開通までの待ち時間は共通なんだ。

口コミ

天使先生
天使先生
GMOとくとくBB光(GMOアクセス)とGMOとくとくBB光miniで迷ってどちらかに決めた方、GMOとくとくBB光(GMOアクセス)利用中の方、GMOとくとくBB光mini利用中の方、それぞれの口コミを紹介するね

GMOとくとくBB光(GMOアクセス)とGMOとくとくBB光miniを比較検討した方の評判・口コミ

GMOとくとくBB光(GMOアクセス)とGMOとくとくBB光miniどちらを選んだ? 選んだ理由
GMOとくとくBB光mini 混雑する時間は遅くなると書かれていてめちゃめちゃ遅かったらどうしようという不安はありましたが、普段のネットの使い方が、スマホをワイファイ接続してSNSやブラウザを見るだけなのでminiの方にしました。
GMOとくとくBB光 とくとくBB光miniだと速度が足りないかもしれないのと、とくとくBB光でも縛りなしで値段が安かったから。

GMOとくとくBB光(GMOアクセス)利用者の評判・口コミ

GMOとくとくBB光(GMOアクセス)利用者の口コミは現在調査中です。回答があり次第追記します。

GMOとくとくBB光mini利用者の評判・口コミ

GMOとくとくBB光mini利用者の口コミは現在調査中です。回答があり次第追記します。

解約にかかる費用

最後に、GMOとくとくBB光とGMOとくとくBB光miniの解約にかかる費用をまとめました。

GMOとくとくBB光 GMOとくとくBB光mini
解約にかかる費用 違約金0円+工事費残債最大26,400円

どちらも縛りがないので違約金は0円ですが、新規契約で開通工事が発生した場合は最大26,400円の工事費残債を支払うことになります。

工事費は36回の分割払いとなっているので、3年以内に解約する場合は工事費残債にご注意ください。

例えば戸建住宅で2年間使って残り12回分の工事費分割代金が残っている場合は、726円×12ヶ月分で合計8,712円の残債が一括請求されます。

また37ヶ月以内にWi-Fiルーターのレンタルサービスを解約する場合は送料元払いでの返送が必須・解約翌月20日までに返却しなければ11,000円の端末損害金がかかることにもご注意ください。

GMOとくとくBB光(GMOアクセス)とGMOとくとくBB光miniはどちらがオススメ?

ここまでの比較内容を踏まえつつ、GMOとくとくBB光やGMOとくとくBB光miniがどんな人におすすめかをそれぞれまとめました。

GMOとくとくBB光(GMOアクセス)がおすすめな方

GMOとくとくBB光は、できる限り高速でインターネットを使いたい方におすすめです。

サービス内容がほぼ共通・速度面で優遇されているのがGMOとくとくBB光なので、オンラインゲームや高画質な動画再生、SNSなどを快適に利用したい方はGMOとくとくBB光を選びましょう。

天使先生
天使先生
どちらを選ぶべきかは、非常にわかりやすいよね。

1月~4月ごろはネット回線の申し込みが増え、開通工事待ちの期間が長くなってしまうことが多いです!

そのため、ネット回線の乗り換えや新規契約をすることが決まったら、なるべく早めに申し込むことをオススメします!(※引越し先で使うネット回線の場合は特にお早めに!)

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)
光コラボアワード2023 総合満足度最優秀賞受賞!(「回線品質の部」「回線スピードの部」でも最優秀賞受賞!)
v6プラス対応の高速回線
5,000円キャッシュバック(新規契約も乗り換えも全員対象!)
【乗り換え前のネット回線の違約金などがかかる場合】最大6万円キャッシュバック!(5,000円キャッシュバックと併せて最大6.5万円キャッシュバック!)
オプション加入で、さらに最大24,000円キャッシュバック(全部合わせて合計最大8.9万円キャッシュバック!)
新規工事費実質無料
解約時の違約金0円(2年ごとの自動更新ですが、上記バナーか下記ボタンのリンク先ページからの申し込み限定で違約金が0円になるキャンペーン)
v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタル無料
3,300円(1回のみ支払い)で追加でルーター1台がもらえる(おかわりルーターオプション)
【開通までネット環境がない方におすすめ】モバイルWi-Fiルーター(WiMAX)が1日あたり165円、1ヶ月単位でレンタルできる

GMO光アクセスの提供エリアは、日本全国をカバーしています(場所によってはエリア外の場合もあります)

他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら

  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

光コラボからの「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。

キャンペーン詳細をみる

公式サイトをみる

GMOとくとくBB光miniがおすすめな方

GMOとくとくBB光miniがおすすめになるのは、以下の2つの条件に当てはまる方です。

  • インターネットの利用は昼間が中心、夜はほとんど使わない
  • できる限り安くインターネットを使いたい

月額料金やキャンペーン還元額で有利なGMOとくとくBB光miniは、料金の安さを求める方に最適です。

一方で混雑時に速度が低下する弱点があるので、速度を重視する方にはあまりおすすめできません。

また安さも2年間で1万円台前半とそこまで圧倒的とは言えないので、快適さも含めるとコストパフォーマンス的には通常のGMOとくとくBB光の方が満足度が高いと考えられます

GMOとくとくBB光mini
v6プラス対応の高速回線
5,000円キャッシュバック(新規契約も乗り換えも全員対象!)
【乗り換え前のネット回線の違約金などがかかる場合】最大6万円キャッシュバック!(5,000円キャッシュバックと併せて最大6.5万円キャッシュバック!)
オプション加入で、さらに最大24,000円キャッシュバック(全部合わせて合計最大8.9万円キャッシュバック!)
新規工事費実質無料
解約時の違約金0円
v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタル無料
【開通までネット環境がない方におすすめ】モバイルWi-Fiルーター(WiMAX)が1日あたり165円、1ヶ月単位でレンタルできる

GMO光アクセスの提供エリアは、日本全国をカバーしています(場所によってはエリア外の場合もあります)

他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら

  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

光コラボからの「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。

キャンペーン詳細をみる

公式サイトをみる

GMOとくとくBB光(GMOアクセス)とGMOとくとくBB光mini以外におすすめの光回線

GMOとくとくBB光(GMOアクセス)とGMOとくとくBB光mini以外にも、回線速度が速くて料金も安い光回線がたくさんあります!

天使先生
天使先生
GMO光とGMOとくとくBB光mini以外も選択肢に入れた方が、自分に合った光回線が見つかりやすいよ

下記の記事では、GMOとくとくBB光(GMOアクセス)とGMOとくとくBB光miniも含めた速くて安いおすすめの光回線21種類を、住居タイプ×利用しているスマホキャリア(格安SIMも含む)の34パターンで安い順にランキング化しています。

ここを見るだけで、最適な(速くて安い)光回線が見つかるように作っていますので、ぜひ参考にしてください!

【34パターン網羅!】回線速度が速い&実質料金が安いおすすめ光回線ランキング【2024年2月最新】結局のところ、回線速度が速くて実質料金が安い光回線はどれなのか。光回線を選ぶ際、多くの方が知りたいであろうこの疑問にお答えすべく、回線速度の速いおすすめ光回線21種類の実質料金(初期費用やキャンペーン還元・スマホセット割も含めた2年間の合計料金)を、住居タイプ(戸建てor集合住宅)とスマホキャリアの掛け合わせ34パターンで比較し、ランキングにしました。光回線選びに失敗したくない方はぜひご覧ください!...