OCN光

【1分で結論!】OCN光とヘーベル光はどちらがオススメ?7項目で比較した結果

この記事では、OCN光とヘーベル光を比較し、どんな方にどちらがオススメかを解説します!

よしこちゃん
よしこちゃん
どんな項目で比較するの??

当サイト独自で200人の方に調査を行った結果、インターネット回線を選ぶ際、

・約90%の方が料金の安さ
・約50%の方が速度の速さ

を重視していることがわかりました。

インターネット回線・プロバイダの選び方(重視ポイント)ランキング【200人に独自調査】インターネット回線やプロバイダの選び方に迷った経験のある方は多いと思います。速度や料金、キャンペーン特典など、どのポイントを重視すれば良いのか、判断が難しいですよね。そこで、当サイト独自で200人の方を対象に「ネット回線の選び方(重視したポイント)」についてのアンケート調査を行い、選んだ人数が多かった順にランキング化しました。ネット回線の選び方に迷っている方は、ぜひ参考にしてください。...

そこで、料金や速度を中心に、下記の7項目で比較しています。

・対応エリア
・2年間の合計料金( 初期費用・月額料金)
・速度(最大速度・実測速度など)
・契約期間
・開通までの期間
・口コミ
・解約にかかる費用

【結論!】OCN光とヘーベル光の比較結果まとめ

よしこちゃん
よしこちゃん
OCN光とヘーベル光のどっちを契約しようか、迷ってるんだよね。どっちがおすすめかな?
天使先生
天使先生
その2つは、申し込める物件や料金など、けっこう違っている部分が多いから注意が必要だよ。

OCN光とヘーベル光における、対応エリアや2年間の合計料金、通信速度といった基本情報をまとめました。

OCN光 ヘーベル光
対応エリア 日本全国 日本全国(ヘーベルハウスのオーナーのみ申し込み可能)
2年間の合計料金(初期費用+月額料金) 戸建住宅157,740円/マンション114,840円 138,292円
最大速度 上下1Gbps 上下1Gbps
実測速度(みんそく) 下り256.75Mbps/上り192.6Mbps/Ping20.07ms 下り290.82Mbps/上り168.89Mbps/Ping20.75ms
ダークファイバー回線/独自回線/IPv4 over IPv6対応の光コラボorフレッツ光にあてはまるか ○(IPv4 over IPv6を無料で利用可能) ○(v6プラスを無料で利用可能)
「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」でフレッツ光・光コラボが速くなる!その仕組みや種類~おすすめの対応回線まで完全ガイド!「v6プラス対応だから速い!」や「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4対応で高速通信!」さらには「transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ/ぷららv6エクスプレス/IPoEオプション/OCNバーチャルコネクト対応でハイスピード化!」などを謳っている光回線やプロバイダが増えてきましたが、そもそもそれって何?という方が多いと思います。それらのサービスは総称して「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」と呼ばれるものです。「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」とは何なのか、なぜ速くなるのか、などなど徹底調査し、解説していきます!また、結局どれを使えば良いの??と思われる方も多いと思うので、パターンごとのおすすめ回線を紹介しています!...

結論から言うと、料金重視ならおすすめになるのは戸建住宅ならヘーベル光、マンションならOCN光です。

ただしヘーベル光はヘーベルハウスのオーナーだけが申し込める光回線なので、自宅がヘーベルハウスでない場合はもれなくOCN光がおすすめになります。

【300×250】OCN光

詳細をみる
公式サイトをみる

ヘーベルハウスは戸建住宅を提供しているので、マンションに住んでいる場合は基本的にOCN光を選ぶことになると考えられますよ。

速度はどちらも同じくらい高速なので、住んでいる建物に合わせて申込先を検討することとなります。

OCN光vsヘーベル光 7項目での比較詳細

OCN光とヘーベル光で、エリアや料金、速度など7つの特徴をそれぞれ比べてみました。

OCN光とヘーベル光はどちらもNTTフレッツ光の回線を使っている「光コラボレーション」ですが、細かい仕様が異なっているので注意が必要です。

対応エリア

OCN光とヘーベル光は、対応エリア自体は共通ですが、申し込める建物に違いがあります。

OCN光 ヘーベル光
対応エリア 日本全国 日本全国、ヘーベルハウスのオーナーのみ申込可能

OCN光は、NTTフレッツ光対応の物件であれば、戸建住宅・マンション問わずとくに制限なく申し込めます。

一方でヘーベル光は、日本全国での申込みができますが、ヘーベルハウスのオーナーのみが契約可能となっています。

つまり、住んでいる建物がヘーベルハウスでない限りはヘーベル光を申し込めないことにご注意ください。

なおヘーベルハウスは基本的に戸建住宅なので、マンション住まいの方はヘーベル光を申し込めないと考えられます。

そして賃貸住宅であるヘーベルメゾンで使える光回線も、基本的に利用できるのはヘーベル光と異なる入居者専用サービスとなっています。

よしこちゃん
よしこちゃん
要するに、ヘーベル光はヘーベルハウスで家を建てた人向けのサービスなのね。

2年間の合計料金

OCN光とヘーベル光で、初期費用や月額料金、スマートフォンとのセット割、そして2年間の合計料金を比べてみました。

OCN光 ヘーベル光
初期費用 3,300円+工事費(戸建住宅19,800円、マンション16,500円) 工事費12,100円
月額料金 戸建住宅5,610円/マンション3,960円※2年自動更新型割引適用時 5,258円
スマートフォンとのセット割(1回線、最大額) -220円(OCNモバイルONE) なし
2年間の合計料金(初期費用+月額料金) 戸建住宅157,740円/マンション114,840円 138,292円

OCN光は、3,300円の契約事務手数料に加えて最大19,800円の工事費がかかります。

よしこちゃん
よしこちゃん
よくある、光回線の初期費用だね。

ヘーベル光は初期費用として契約事務手数料が発生せず、工事費も12,100円と非常に安価です。

天使先生
天使先生
後ほどまた触れるけど、ヘーベル光は細かい費用がかからないのが魅力なんだ.

月額料金はマンションのOCN光が最安、次いでヘーベル光が安い金額設定でした。

結果としてマンションならOCN光、戸建住宅ならヘーベル光対応物件であればヘーベル光を選ぶのが料金的にお得です。

天使先生
天使先生
そして前述の通り、ヘーベル光は申し込める人が限られるから、自宅がヘーベルハウスでないなら戸建住宅でもOCN光一択になることに注意。

なおスマートフォンとのセット割は、OCN光のみが対応しています。

ただしOCN光のセット割は、格安SIMのOCNモバイルONEとのセット割のみを受け付けていることにご注意ください。

よしこちゃん
よしこちゃん
ドコモとか、大手キャリアとのセット割はないのね。

速度

続いて、OCN光とヘーベル光で、回線の仕様上の最大速度や「みんそく」の2021年8月1日時点のデータをもとにした実測速度などを比べてみました。

天使先生
天使先生
実測速度は、実際に利用者の自宅で出ているスピードのことだよ。
OCN光 ヘーベル光
最大速度 上下1Gbps 上下1Gbps
実測速度(みんそく) 下り256.75Mbps/上り192.6Mbps/Ping20.07ms 下り290.82Mbps/上り168.89Mbps/Ping20.75ms
ダークファイバー回線/独自回線/IPv4 over IPv6対応の光コラボorフレッツ光にあてはまるか ○(IPv4 over IPv6を無料で利用可能) ○(v6プラスを無料で利用可能)

どちらもNTTフレッツ光の光ファイバーを使っている「光コラボレーション」なので上下最大1Gbps対応、実測速度も同じようなスピードでした。

みんそくのデータでは下り速度だと若干ヘーベル光が高速、上り・PingはOCN光が高速でしたが、体感上の違いは感じられないくらいの僅かな差となっています。

天使先生
天使先生
速度はどっちも速いから、速度を重視して申込先を決める必要はないよ。

なお、OCN光とヘーベル光は、どちらも「IPv4 over IPv6」系の高速化に無料で対応しています。

回線混雑のポイントを避けて高速で通信できるので、速度面での心配はどちらもありません。

契約期間

OCN光とヘーベル光では、契約期間のしくみが大きく異なります。

OCN光 ヘーベル光
契約期間 2年間、自動更新※2年自動更新型割引適用時 なし
契約更新月 24~26ヶ月目 いつでも無料で解約可能

OCN光は2年契約・自動更新で、2年契約満了の24ヶ月目から26ヶ月目までの3ヶ月間で解約しなければ再度2年契約がスタートします。

ヘーベル光はとくに契約期間の設定がないので、いつでも自由に解約できます。

よしこちゃん
よしこちゃん
契約期間に縛られないのは嬉しいよね!

自由なタイミングで解約できる光回線を選びたい場合は、ヘーベル光を選ぶのがおすすめですよ。

ちなみにOCN光は、2年契約なしでいつでも自由に解約できる契約も可能です。

ただし月額料金が戸建て住宅で6,820円、マンションで5,170円と、月々1,210円ほど高くなってしまうので、半年未満などよほど短期間の利用でない限りは2年契約をした方がお得です。

開通までの期間

OCN光とヘーベル光で、申し込んでから使い始められるようになるまでの期間を比べてみました。

OCN光 ヘーベル光
契約 早ければ1週間程度 具体的な期間設定無し

ヘーベル光は細かい申込み期間の情報がなく、OCN光のみ「早ければ1週間程度で利用可能」という情報を見つけられました。

よしこちゃん
よしこちゃん
OCN光は、使い始められるまでの待ち時間がかなり短いんだね!

ヘーベル光も同じNTTの光ファイバーを使っているサービスなので、そこまで大きな差はないと考えられます。

しかし、早さ重視なら、どちらかというと公式にすぐ使い始められるという情報があるOCN光のほうが有利であると考えられます。

口コミ

天使先生
天使先生
OCN光とヘーベル光で迷ってどちらかに決めた方、OCN光利用中の方、ヘーベル光利用中の方、それぞれの口コミを紹介するね

OCN光とヘーベル光を比較検討した方の口コミ

OCN光とヘーベル光どちらを選んだ? 選んだ理由
へーベル光 月額料が少し安いから

OCN光利用者の口コミ

【口コミ・評判調査】OCN光を利用中の方に回線速度・Ping・満足度を聞いた結果OCN光の評判・口コミを調査するために、実際にOCN光を利用している方に、回線速度(実測速度)、Ping値,その速度で利用していてどのくらい満足しているか(満足度)などのアンケートを実施し、結果をまとめました。...

解約にかかる費用

最後に、OCN光とヘーベル光で解約費用を比べてみましょう。

OCN光 ヘーベル光
解約にかかる費用 11,000円+工事費残債最大19,800円 なし

OCN光では、2年契約・自動更新の場合、24~26ヶ月目以外のタイミングで解約すると11,000円の違約金がかかります。

工事費を分割で支払っている場合は、残債の支払いも必要になるのでご注意ください。

ヘーベル光はいつ解約しても違約金は不要で、工事費は一括払いのみとなるため残債もかかりません。

解約費用は、ヘーベル光が圧倒的にお得となります。

OCN光とヘーベル光はどちらがオススメ?

最後に、OCN光とヘーベル光はそれぞれどんな人におすすめになるのかをまとめます。

天使先生
天使先生
ヘーベル光はかなり人を選ぶ選択肢だから、おすすめになる人ははっきり分かれてくるね。

OCN光がおすすめな方

OCN光は、以下の条件に当てはまる方におすすめです。

  • ヘーベルハウスのオーナーではない
  • スマホとのセット割で、固定出費を抑えたい

ヘーベル光はヘーベルハウスのオーナー限定なので、自宅がヘーベルハウスでない場合はもれなくOCN光一択です。

どちらも選べる物件に住んでいる場合は、スマホとのセット割を利用したいならOCN光+OCNモバイルONEでの運用をおすすめします

OCN光
【300×250】OCN光
OCNバーチャルコネクト対応の高速回線(「光」契約数15年連続No.1!)
OCNモバイルONEユーザーなら毎月220円/台 割引(OCN光モバイル割)
訪問設定サポート1回無料
毎月dポイントがたまる&支払いに使える
【2022年7月の申し込み~解約金減額!】OCN光の解約金が最大3,600円に減額!

OCN光の提供エリアは、日本全国をカバーしています(場所によってはエリア外の場合もあります)

他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら

  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

光コラボからの「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。

キャンペーン詳細をみる

公式サイトをみる

ヘーベル光がおすすめな方

ヘーベル光がおすすめなのは、以下の条件に当てはまる方です。

  • ヘーベルハウスのオーナーで、安価に光回線を契約したい
  • 解約時の負担が軽い光回線を選びたい

ヘーベルハウスのオーナーで料金重視なら、月額料金や初期費用が安いヘーベル光を選ぶのがおすすめです。

ヘーベル光は解約金が不要なので、解約の手軽さを求める場合も検討してみてください

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です