ahamo光 PR

【1分で結論!】GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)とahamo光はどちらがオススメ?7項目で比較した結果

※当サイトはプロモーションが含まれています

この記事では、GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)とahamo光を比較し、どんな方にどちらがオススメかを解説します!

よしこちゃん
よしこちゃん
どんな項目で比較するの??

当サイト独自で200人の方に調査を行った結果、インターネット回線を選ぶ際、

・約90%の方が料金の安さ
・約50%の方が速度の速さ

を重視していることがわかりました。

インターネット回線・プロバイダの選び方(重視ポイント)ランキング【200人に独自調査】インターネット回線やプロバイダの選び方に迷った経験のある方は多いと思います。速度や料金、キャンペーン特典など、どのポイントを重視すれば良いのか、判断が難しいですよね。そこで、当サイト独自で200人の方を対象に「ネット回線の選び方(重視したポイント)」についてのアンケート調査を行い、選んだ人数が多かった順にランキング化しました。ネット回線の選び方に迷っている方は、ぜひ参考にしてください。...

そこで、料金や速度を中心に、下記の7項目で比較しています。

・対応エリア
・2年間の合計料金( 初期費用・月額料金)
・速度(最大速度・実測速度など)
・契約期間
・使い始められるまでの期間
・口コミ
・解約にかかる費用

2024年1月17日時点の情報で執筆しています。

【結論!】GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)とahamo光の比較結果まとめ

まずはGMOとくとくBB光(GMO光アクセス)とahamo光で、契約可能な対応エリアや2年間における初期費用と月額料金の合計、回線の仕様上の最大速度・実際にユーザーが出せている実測速度について調べてみました。

GMOとくとくBB光(GMO光アクセス) ahamo光
対応エリア 日本全国
※ユーザー指定なし
日本全国
※ahamoユーザー限定
2年間の合計料金(初期費用+月額料金) 戸建住宅118,932円/マンション93,852円

※30,000円キャッシュバック適用時戸建住宅88,932円/マンション63,852円

※5,000円キャッシュバック適用時戸建住宅113,932円/マンション88,852円

 戸建住宅122,100円/マンション90,420円
※新規orドコモ光以外からの転用・事業者変更時10,000ポイント還元→実質戸建住宅112,100円/マンション80,420円
最大速度 上下1Gbps 上下1Gbps
実測速度(みんそく) 下り264.76Mbps/上り305.06Mbps/Ping17.88ms ×
※サービス開始直後のため
ダークファイバー回線/独自回線/IPv4 over IPv6対応の光コラボorフレッツ光にあてはまるか ◯(v6プラス対応) ◯(OCNバーチャルコネクト対応)

GMOとくとくBB光とahamo光はどちらも日本全国対応ですが、申し込める対象者やサービス内容は細かく異なっています。

GMOとくとくBB光はahamoを契約していない方におすすめ、またahamoユーザーでも戸建住宅住まいで月額料金の安さを求めるならおすすめとなります。

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)
光コラボアワード2023 総合満足度最優秀賞受賞!(「回線品質の部」「回線スピードの部」でも最優秀賞受賞!)
v6プラス対応の高速回線
5,000円キャッシュバック(新規契約も乗り換えも全員対象!)
【乗り換え前のネット回線の違約金などがかかる場合】最大6万円キャッシュバック!(5,000円キャッシュバックと併せて最大6.5万円キャッシュバック!)
オプション加入で、さらに最大27,000円キャッシュバック(全部合わせて合計最大9.2万円キャッシュバック!)
10ギガプラン申し込みなら、さらに11,000円キャッシュバック(全部合わせて合計最大103,000円キャッシュバック!)
新規工事費実質無料
解約時の違約金0円(2年ごとの自動更新ですが、上記バナーか下記ボタンのリンク先ページからの申し込み限定で違約金が0円になるキャンペーン)
v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタル無料
3,300円(1回のみ支払い)で追加でルーター1台がもらえる(おかわりルーターオプション)
【開通までネット環境がない方におすすめ】モバイルWi-Fiルーター(WiMAX)が1日あたり165円、1ヶ月単位でレンタルできる

GMO光アクセスの提供エリアは、日本全国をカバーしています(場所によってはエリア外の場合もあります)

他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら

  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

光コラボからの「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。

キャンペーン詳細をみる

公式サイトをみる

集合住宅で光回線の工事ができない方、光回線開通にかかるまで2週間~1ヶ月程度の期間が待てない方、ホームWi-Fiを試してみたい方などには、とくとくBBホームWi-Fiがオススメ!

とくとくBBホームWi-Fiのメリット
  • 工事不要!コンセントに挿すだけなので手間いらず
  • 最短で申し込み翌日に届く!送料も無料!
  • 光回線に変えたくなったら、GMOとくとくBB光などの光回線に違約金無料で乗り換えOK!
とくとくBB ホームWi-Fi
大手プロバイダGMOとくとくBBが運営するホームWi-Fi
GMOの光回線(GMOとくとくBB光や、ドコモ光、ソフトバンク光、auひかり等)に違約金無料で乗り換え可能!
20,000円キャッシュバック(全員対象!)
【乗り換え前のネット回線の違約金などがかかる場合】最大5万円キャッシュバック!(5,000円キャッシュバックと併せて最大7万円キャッシュバック!)
オプション加入で、さらに最大2,000円キャッシュバック(全部合わせて合計最大7.2万円キャッシュバック!)
工事不要!コンセントに挿すだけで使える
送料無料
解約時の違約金0円
auスマートバリュー対応(auスマホとセット利用で毎月1,100円/台割引)
自宅セット割対応(UQモバイルとセット利用で毎月1,100円/台割引)

他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら

  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

光コラボからの「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。

キャンペーン詳細をみる

公式サイトをみる

ahamo光はahamoユーザーの方におすすめ、まだahamoを契約していない場合も安さ重視でマンション住まいならahamoを契約することに問題なければ検討してOKです。

ahamo光
OCNバーチャルコネクト対応の高速回線
ahamoユーザーのみが使える光回線
工事費完全無料
dポイント1万円分プレゼント

ahamo光の提供エリアは、日本全国をカバーしています(場所によってはエリア外の場合もあります)

他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら

  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

光コラボからの「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。

キャンペーン詳細をみる

キャンペーン詳細をみる

よしこちゃん
よしこちゃん
なるほど、ahamoを契約しているかどうか・契約してもOKかってところがどちらを選ぶかにおいて重要になってきそうだね。
天使先生
天使先生
それでは、もう少し詳しくサービスを比べてみようか。

GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)vsahamo光 7項目での比較詳細

GMOとくとくBB光とahamo光の特徴を、7つの項目に分けて比較してみました。

それぞれ特徴が異なっているので、申し込み先を決める際はしっかり内容を確認しておくことが必要です。

対応エリア

GMOとくとくBB光とahamo光はどちらもNTTフレッツ光回線を使用した光コラボレーションなので、対応エリア自体は共通で日本全国での申し込みができます。

GMOとくとくBB光 ahamo光
対応エリア 日本全国 日本全国
※ahamoユーザー限定

ただしGMOとくとくBB光がとくに契約しているスマートフォン回線の指定がないのに対して、ahamo光はahamoユーザーでなければ申し込みができないことにご注意ください。

ahamo光を検討していて現在ahamoを使っていない方は、まずahamoを契約しておきましょう。

ahamoは事務手数料0円、20GB+5分かけ放題で月額2,970円などの料金設定となっています。

またGMOとくとくBB光・ahamo光ともに、NTTフレッツ光回線の提供エリア外では利用できません

NTT東日本NTT西日本の公式サイトから事前にエリア検索をして、自宅がエリア内に含まれているかどうか確認しておきましょう。

天使先生
天使先生
両社エリアは共通なので、フレッツ光を使えない場所=GMOとくとくBB光もahamo光も利用不可となるよ。

2年間の合計料金

GMOとくとくBB光とahamo光で、回線契約時にかかる初期費用や毎月かかる月額料金・スマートフォンとのセット割内容、そして2年間の合計料金を比較してみました。

GMOとくとくBB光
(GMO光アクセス)
ahamo光
初期費用 3,300円+36ヶ月の月額割引で工事費実質0円(通常戸建住宅26,400円、マンション25,300円)  3,300円※工事費戸建住宅19,800円/マンション16,500円→キャンペーンで無料
月額料金 戸建住宅4,818円/マンション3,773円  戸建住宅4,950円/マンション3,630円
スマートフォンとのセット割(1回線、最大額) ×  ×
※契約にはahamo回線必須、割引はなし
2年間の合計料金(初期費用+月額料金) 戸建住宅118,932円/マンション93,852円

※30,000円キャッシュバック適用時戸建住宅88,932円/マンション63,852円

※5,000円キャッシュバック適用時戸建住宅113,932円/マンション88,852円

 戸建住宅122,100円/マンション90,420円

※新規orドコモ光以外からの転用・事業者変更時10,000ポイント還元→実質戸建住宅112,100円/マンション80,420円

初期費用はどちらも3,300円、工事費は無料に抑えることが可能です。

ただし、GMOとくとくBB光の工事費は36ヶ月間の分割代金(戸建住宅初月990円・2~36ヶ月目726円/集合住宅初月1,045円・2~36ヶ月目693円など)を毎月割り引いて最終的に実質0円になる形となっています。

3年以内にGMOとくとくBB光を解約した場合は、その時点から36ヶ月目までに残っている残債を支払わなければいけません。

天使先生
天使先生
解約金の項目で、改めて解説するね。

ahamo光は新規工事料無料特典により、工事費を無料に抑えることができます。

ahamo光は工事費が完全に無料になるので、途中で解約しても工事費残債がかかることはありません。(回線の解約金自体は発生します)

よしこちゃん
よしこちゃん
工事費は、ahamo光のほうがより安心してお得に使えるって感じだね。

月額料金は戸建住宅だとGMOとくとくBB光、マンションはahamo光のほうが安価でした。

スマートフォンとのセット割はどちらも非対応となっていますが、ahamo光は割引がないもののセットでahamo回線を使っている必要がある点にご注意ください。

そしてGMOとくとくBB光は、最大90,000円のキャッシュバック特典が存在しています。

誰でも5,000円キャッシュバックを受けることが可能、他社から乗り換える際に解約金が発生する方は、さらに最大60,000円(実際にかかった解約費用の金額が上限)のキャッシュバックとなります。

またGMOひかりテレビを契約すれば追加で20,000円、GMOひかり電話なら5,000円のキャッシュバックももらえますよ。

天使先生
天使先生
合計90,000円キャッシュバックが満額だね。

ahamo光も、新規申し込みや転用・事業者変更時にdポイント10,000ポイントをもらえます。

ただしドコモ光ユーザーがahamo光にプラン変更をする際は対象外となるので、ご注意ください。

以上の内容を踏まえると、基本的に通常価格なら戸建住宅はGMOとくとくBB光、マンションはahamo光が2年間の利用料金において割安です。

しかし特典を考慮すると他社から乗り換えるならGMOとくとくBB光が安価、乗り換えないならahamo光がお得となりますよ。

速度

GMOとくとくBB光とahamo光で、回線仕様上の最大速度や「みんなのネット回線速度」のデータを元にした実測速度の平均値を調べてみました。

GMOとくとくBB光
(GMO光アクセス)
ahamo光
最大速度 上下1Gbps 上下1Gbps
実測速度(みんそく) 下り264.76Mbps/上り305.06Mbps/Ping17.88ms  ×
※サービス開始直後のため
ダークファイバー回線/独自回線/IPv4 over IPv6対応の光コラボorフレッツ光にあてはまるか ◯(v6プラス対応) ◯(OCNバーチャルコネクト対応)

GMOとくとくBB光とahamo光はどちらもNTTフレッツ光回線を使用しているので、上下最大1Gbpsです。

実測速度はGMOとくとくBB光のみ確認でき、下り264.76Mbps・上り305.06Mbps・Ping17.88msと非常に好成績な平均値でした。

オンラインゲームや動画再生、SNSなどあらゆることを快適に行えると考えられますよ。

ahamo光は残念ながら、実測速度の情報がわかりませんでした。

天使先生
天使先生
開始されたばかりのサービスだから、まだ情報が少ないんだよね…。

ahamo光はOCNバーチャルコネクトを使っているOCNのサービスということで、参考情報としてOCN光の実測速度をみんそくで調べてみました。

OCN光は下り平均272.98Mbps、上り平均236.31Mbps、Ping平均18.64msでした。(2023/7/20時点)

ahamo光が同程度のスピードだった場合は、クラウドストレージやSNSなどへのデータ送信時はGMOとくとくBBの方が少し有利ですが、動画再生やオンラインゲーム、ネット検索などは同程度の快適さで利用できると考えられます。

ちなみにGMOとくとくBB光では、「v6プラス」により回線混雑を避けて高速で通信するために必要なWi-Fiルーターを無料でレンタルできます。

GMOとくとくBB光のレンタルルーターは、3年以上使えばそのまま自分のものにできることも見逃せません。(返却不要になるしくみ)

ahamo光のルーターは高速化サービス・OCNバーチャルコネクト対応のものが必要(ないとサービス自体を利用できないので注意!)ですが、こちらは月額330円でのレンタルまたは自分で購入して用意する必要があります。

月額550円のドコモ光電話を利用する方は対応ルーターがもれなくレンタル提供されますが有線LAN機能のみ、無線LAN機能を使いたい場合は追加料金が東日本330円・西日本110円ほど発生するのでご注意ください。

よしこちゃん
よしこちゃん
ルーターはGMOとくとくBB光のほうが、無料で用意できて便利だね。

契約期間

GMOとくとくBB光とahamo光で、契約期間を比較してみました。

GMOとくとくBB光
(GMO光アクセス)
ahamo光
契約期間 なし 2年間、自動更新
契約更新月 なし 24~26ヶ月目

GMOとくとくBB光は契約期間なしで、いつでも自由に解約できます。

ahamo光は2年契約の自動更新で、24~26ヶ月目にのみ無料で解約できるしくみですよ。

使い始められるまでの期間

GMOとくとくBB光とahamo光で、回線契約を申し込んでから使い始められるまでにかかる期間を比べてみました。

GMOとくとくBB光
(GMO光アクセス)
ahamo光
開通までの期間  最短2週間 公式情報なし

GMOとくとくBB光は最短2週間程度、ahamo光は具体的な日数が不明です。

ドコモ光ユーザーについては、ahamo光へプラン変更する際に3週間程度かかるという記載が公式サイトに存在していました。

なおどちらもNTTフレッツ光回線を使用している光コラボなので、基本的にそこまで開通までの日数には差がないと考えられます。

口コミ

天使先生
天使先生
GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)とahamo光で迷ってどちらかに決めた方、GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)利用中の方、ahamo光利用中の方、それぞれの口コミを紹介するね

GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)とahamo光を比較検討した方の評判・口コミ

GMOとくとくBB光とahamo光どちらを選んだ? 選んだ理由
GMOとくとくBB光 スマホをahamo、ネットをahamo光に変えることを考えましたが、結局手間を惜しんでやめました。
GMOとくとくBB光なら、ソフトバンク光から工事なしで乗り換え出来てカンタンだったのと、セット割がなくても安いので選びました。

GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)利用者の評判・口コミ

GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)利用者の口コミは現在調査中です。回答があり次第追記します。

ahamo光利用者の評判・口コミ

ahamo光利用者の口コミは現在調査中です。回答があり次第追記します。

解約にかかる費用

最後に、GMOとくとくBB光とahamo光で解約時にかかる費用を比べてみました。

GMOとくとくBB光
(GMO光アクセス)
ahamo光
解約にかかる費用 工事費残債最大26,400円 戸建住宅4,950円/マンション3,630円

解約費用は、両社で大きく異なります。

GMOとくとくBB光は契約期間の縛りがないのでいつでも解約金が0円ですが、工事費残債は3年以内の解約時に発生します。

最大26,400円の残債を請求されることになるので、ご注意ください。

例えば戸建住宅でGMOとくとくBB光を2年間使って残り1年というタイミングで解約するなら、726円×12回=8,712円の残債がかかります。

一方ahamo光は工事費がキャンペーンで無料になりますが、契約更新月以外の解約だと戸建住宅は4,950円・マンションは3,630円ほどの契約解除料がかかることにご注意ください。

天使先生
天使先生
とりあえず契約から約2年半は、工事費が無料になるahamo光のほうが解約費用は有利だね。

GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)とahamo光はどちらがオススメ?

最後に、GMOとくとくBB光とahamo光はどちらがどんな人におすすめかを解説します。

自分に合うサービスを決める、参考にしてください。

GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)がおすすめな方

GMOとくとくBB光は、以下の条件に当てはまる方におすすめです。

  • ahamoを契約する予定がない
  • (回線工事を伴う新規契約の場合)3年以上契約を続ける予定がある
  • 他社からの乗り換えでお得に光回線を利用開始したい
  • Wi-Fiルーターを所有しておらず、負担をかけずに入手したい

ahamo光はahamo必須ですが、GMOとくとくBB光はとくに契約するスマートフォン回線の指定がありません。

ahamoを契約する予定がなく、好きなスマホ回線とセットで光回線を使うならGMOとくとくBB光がおすすめです。

ただし回線の契約時に発生する工事費は36回の分割払い期間における割引で実質0円になるしくみなので、転用・事業者変更の方以外は3年以上契約を続ける前提で申し込みましょう。

GMOとくとくBB光は最大90,000円キャッシュバックでお得に利用できるので、他社からの乗り換えでお得にサービスを利用したい方にもおすすめです。

Wi-Fiルーターを無料レンタルしたい人、3年間の利用でルーターを自分のものにしたい人にもGMOとくとくBB光はおすすめです。

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)
光コラボアワード2023 総合満足度最優秀賞受賞!(「回線品質の部」「回線スピードの部」でも最優秀賞受賞!)
v6プラス対応の高速回線
5,000円キャッシュバック(新規契約も乗り換えも全員対象!)
【乗り換え前のネット回線の違約金などがかかる場合】最大6万円キャッシュバック!(5,000円キャッシュバックと併せて最大6.5万円キャッシュバック!)
オプション加入で、さらに最大27,000円キャッシュバック(全部合わせて合計最大9.2万円キャッシュバック!)
10ギガプラン申し込みなら、さらに11,000円キャッシュバック(全部合わせて合計最大103,000円キャッシュバック!)
新規工事費実質無料
解約時の違約金0円(2年ごとの自動更新ですが、上記バナーか下記ボタンのリンク先ページからの申し込み限定で違約金が0円になるキャンペーン)
v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタル無料
3,300円(1回のみ支払い)で追加でルーター1台がもらえる(おかわりルーターオプション)
【開通までネット環境がない方におすすめ】モバイルWi-Fiルーター(WiMAX)が1日あたり165円、1ヶ月単位でレンタルできる

GMO光アクセスの提供エリアは、日本全国をカバーしています(場所によってはエリア外の場合もあります)

他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら

  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

光コラボからの「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。

キャンペーン詳細をみる

公式サイトをみる

集合住宅で光回線の工事ができない方、光回線開通にかかるまで2週間~1ヶ月程度の期間が待てない方、ホームWi-Fiを試してみたい方などには、とくとくBBホームWi-Fiがオススメ!

とくとくBBホームWi-Fiのメリット
  • 工事不要!コンセントに挿すだけなので手間いらず
  • 最短で申し込み翌日に届く!送料も無料!
  • 光回線に変えたくなったら、GMOとくとくBB光などの光回線に違約金無料で乗り換えOK!
とくとくBB ホームWi-Fi
大手プロバイダGMOとくとくBBが運営するホームWi-Fi
GMOの光回線(GMOとくとくBB光や、ドコモ光、ソフトバンク光、auひかり等)に違約金無料で乗り換え可能!
20,000円キャッシュバック(全員対象!)
【乗り換え前のネット回線の違約金などがかかる場合】最大5万円キャッシュバック!(5,000円キャッシュバックと併せて最大7万円キャッシュバック!)
オプション加入で、さらに最大2,000円キャッシュバック(全部合わせて合計最大7.2万円キャッシュバック!)
工事不要!コンセントに挿すだけで使える
送料無料
解約時の違約金0円
auスマートバリュー対応(auスマホとセット利用で毎月1,100円/台割引)
自宅セット割対応(UQモバイルとセット利用で毎月1,100円/台割引)

他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら

  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

光コラボからの「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。

キャンペーン詳細をみる

公式サイトをみる

ahamo光がおすすめな方

ahamo光は、以下の条件に当てはまる場合におすすめです。

  • ahamoを契約している・する予定があって、とくにマンションで安価な光回線を利用したい
  • 工事費の負担一切無しで光回線を利用したい
  • OCNバーチャルコネクト対応のルーターを持っている

ahamo光はマンションの月額料金がGMOとくとくBB光より安いですが、ahamoユーザー限定サービスなのでスマホ回線をahamoにする・している方におすすめです。

ahamoは工事費が無料になるキャンペーンがあるので、工事費を気にせず自由なペースで使いたい場合も検討しましょう。(更新月以外の解約時に解約金がかかる点にはご注意ください)

またahamo光はOCNバーチャルコネクト対応のWi-Fiルーターがないと利用できないサービスなので、持っているまたはレンタルして利用できる方におすすめとなります。

ahamo光
OCNバーチャルコネクト対応の高速回線
ahamoユーザーのみが使える光回線
工事費完全無料
dポイント1万円分プレゼント

ahamo光の提供エリアは、日本全国をカバーしています(場所によってはエリア外の場合もあります)

他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら

  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

光コラボからの「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。

キャンペーン詳細をみる

キャンペーン詳細をみる

GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)とahamo光以外におすすめの光回線

GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)とahamo光以外にも、回線速度が速くて料金も安い光回線がたくさんあります!

天使先生
天使先生
GMOとくとくBB光とahamo光以外も選択肢に入れた方が、自分に合った光回線が見つかりやすいよ

下記の記事では、GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)とahamo光も含めた速くて安いおすすめの光回線21種類を、住居タイプ×利用しているスマホキャリア(格安SIMも含む)の34パターンで安い順にランキング化しています。

ここを見るだけで、最適な(速くて安い)光回線が見つかるように作っていますので、ぜひ参考にしてください!

【34パターン網羅!】回線速度が速い&実質料金が安いおすすめ光回線ランキング【2024年6月最新】結局のところ、回線速度が速くて実質料金が安い光回線はどれなのか。光回線を選ぶ際、多くの方が知りたいであろうこの疑問にお答えすべく、回線速度の速いおすすめ光回線21種類の実質料金(初期費用やキャンペーン還元・スマホセット割も含めた2年間の合計料金)を、住居タイプ(戸建てor集合住宅)とスマホキャリアの掛け合わせ34パターンで比較し、ランキングにしました。光回線選びに失敗したくない方はぜひご覧ください!...