光回線

ネットでライブ配信(生放送)をするなら!必要な回線速度・回線環境を解説

天使先生
天使先生
このページでは、ネットでライブ配信(ネット生放送)をするのに必要な回線速度・ネット環境について、解説していきます!

みなさん、暇な時間が出来たとき、YouTubeやニコニコ動画などの動画配信サービスで実況者のゲーム配信や雑談配信を見たりしませんか。

見るだけでももちろん面白いですが、「自分もインターネットで配信をしてみたい」と思ったことはありませんか?

「トークスキルはないけれどゲームで上手いプレイをすることには自信がある」、「ゲームは得意ではないけれど話すことが好き」という何か周りには負けないものがある!という方は、試しにネット配信をしてみてはどうでしょうか。

無茶なように聞こえるかもしれませんが、有名な配信者も最初は単純な好奇心で始めることが多いそうです。

ライブ配信は必ずしも顔を出す必要がないので、背景に住所がわかるようなものを置かなければ、周囲にばれずに配信することもできます。

ただ、設備や回線など、配信を視聴するための環境と配信者として配信をつくる側の環境は違います。

そこで今回はライブ配信で必要な回線速度と回線環境について解説していきます!

ゲーム配信にも強い!平均400Mbps超えの高速回線

詳細をみる
公式サイト

ライブ配信におすすめの光回線はこちら

ライブ配信(ネット生放送)とは

ネット配信(ネット生放送)1

ライブ配信とは、インターネット上で生放送を行うサービスのことです。

放送を行いながら、視聴者からのチャットを読んだり会話をしたりすることができるのが、テレビの放送との大きな違いですね。また、ネットのライブ配信は基本的に誰でも始めることができるので、芸能人や有名人でなくても気軽に発信することが可能です。見る側としても、芸能人よりもずっと距離も近く、親近感がわきやすいのが大きな特長ですね。

天使先生
天使先生
簡単にいうとインターネットを使って、いろんな人と会話をすることがネット配信だよ!

インターネット環境があれば、ライブ配信の各プラットフォームの利用者同士で文字や映像などを使ってコミュニケーションをとることができます。近年、ビジネスでもよく使われているWeb配信、オンライン配信もその一種です。

ライブ配信の魅力は、配信者・視聴者ともに、ネット環境さえあれば、場所も時間も問わず行うことができる点です。また、一度の配信でたくさんの視聴者に対して情報を発信することができます。

配信までの手引き

よしこちゃん
よしこちゃん
ライブ配信の良さはわかったけど、どうすれば配信者になれるの??
天使先生
天使先生
じゃあここからは、配信を始めるまで4ステップに分けて説明していくよ!

①パソコンを用意

スマホでもライブ配信(ネット生放送)を行うことはできますが、できればパソコンを用意することをオススメします。

やはりスマホとパソコンでは性能に差がありますので、特に高画質で配信したい場合には、パソコンが必須になります。

視聴者側からすれば、1回見てみて見づらかった配信は、もう1度見ようとはなりづらいですので、本格的にやるのであれば最初からパソコンを用意することをおすすめします。

②サイトでアカウントを作成

配信したいサイト(たとえばYouTubeなど)を見つけたらアカウントを作ります

アカウントの作成方法は、各サイトのヘルプを参照してください。ほとんどのサイトでは無料で、メールアドレスなどの必要情報を入力するだけでカンタンにアカウント作成できます。

この際、念のため、パスワードはできるだけ、複雑にしておきましょう。サイトの利用者であればそうそう起こることではありませんが、配信者として活動していく場合、アカウントの乗っ取りなどのリスクがありますので、自分自身でセキュリティをしっかりしておくことが大切です。

③配信設定の確認(音量、画質、WiFiネットワーク)

基本的にはデフォルトのままで平気だとは思いますが、配信してからアクシデントが起こってしまってはいけないので確認しておきましょう。

各サイト内の「設定」から変更ができます。

④配信開始

ここまでくれば、あとは配信するだけです。緊張するかもしれませんが、どんなに人気の配信者でも最初のうちは多くの人に見られることはありません。

ですので、まずは自分が楽しむことを考えて、ライブ配信をしてみましょう。

ライブ配信(ネット生放送)をするなら上りの速度が重要

ネット配信(ネット生放送)4
天使先生
天使先生
ここからは、ライブ配信(ネット生放送)を行う際に必要な回線速度について解説していくね!
よしこちゃん
よしこちゃん
回線速度には「上り」「下り」があるんだよね?
天使先生
天使先生
そうだね!「上り」と「下り」は、通信の方向を表しているよ!

パソコン側から見たときの方向ですので、上り=送信下り=受信という意味です。身近なもので説明すると、Lineやメールの送信と受信です。

このふたつの回線速度はそれぞれ別で、下りは速いけど上りは遅かったり、その逆だったりと、環境によって変わってきます。

天使先生
天使先生
上記のとおり、上りは「送信」だから、配信者は下りよりも上りの速さが大事だよ!逆に視聴者側は下り速度が大事だね

ライブ配信は配信主が情報を発信しなければ成り立たないので、上りが遅いと配信自体のクオリティに影響してしまいますただし、ゲーム配信や動画の同時視聴などを行う場合は、下り速度も必要になります

多くの配信プラットフォームでは上り3~10MbpsあればOK

天使先生
天使先生
必要な上り速度の目安を挙げると、3~10Mbpsぐらいになるよ!必要な速度は配信プラットフォーム(サイト)によって変わってくるけど、多くの場合これぐらいの速度があればOKだよ!

YouTube Liveは5.1Mbps、ニコ生は6Mbpsのように、配信を行うための必要な速度(目安)があるので、配信環境もそれをクリアできる回線を整えることが大切です。

それ以上に回線速度が遅い環境で配信をしようとすると、配信が不安定になってしまう可能性があります。

ですので、サイトごとの推奨速度に従ってください。

ライブ配信プラットフォームごとの必要な回線速度(上り)の目安

ネット配信(ネット生放送)2

サイトごとに必要な回線速度をまとめました。

表の中にはスマートフォンやiPhone向けのアプリもありますが、その場合は端末のバージョンも確認しておきましょう。

サービス名 必要な上り速度(目安)
Twitcasting(ツイキャス) 6Mbps (推奨: 5Mbps)
OPENREC.tv(オープンレック) 3Mpbs程度を推奨
Mirrativ(ミラティブ) 10Mbps
SHOWROOM(ショールーム) 4Mbps
SHOWROOM V(ショールームV) 4Mbps
LINE LIVE 4Mbps
MixChannel Live(ミクチャ) 4Mbps
Pococha(ポコチャ) 5Mbps
ニコニコ生放送 6Mbps
REALITY 5Mbps
カスタムキャスト 3Mbps
ふわっち 2Mbps
topia(トピア) 5Mbps
Rakuten LIVE(楽天ライブ) 200Kbps
YouTube Live 5.1Mbps
Facebook Live 4Mbps
Periscope(ペリスコープ) 5Mbps
Instagram Live(インスタライブ) 3Mbps
Twitch(ツイッチ) 6Mbps
17 Live (イチナナライブ) 3Mbps
LiveMe(ライブミー) 3Mbps
BIGO LIVE(ビゴライブ) 2Mbps
Stager Live(ステージャーライブ) 4Mbps
Meme Live(ミーミーライブ) 3Mbps
Uplive(アップライブ) 3Mbps
AfreecaTV(アフリカテレビ) モバイルでは400kbps
PCでは1.5Mbps
FC2LIVE(FC2ライブ) 8Kbps

ライブ配信(ネット生放送)に必要なネット回線環境

よしこちゃん
よしこちゃん
なるほどー、配信者は回線にも気を付けなきゃいけないんだね。ところで、回線ってどの種類を使えばいいの?
天使先生
天使先生
一番いいのは光回線だね。ここではその理由を説明するよ!

ライブ配信に向いているのは光回線

インターネット回線には、光回線・CATV・ADSL・モバイルWi-Fi・ホームルーター・テザリングなど様々なものがあります。

それぞれ一長一短ありますが、ライブ配信を行うのにおすすめなのは、やはり光回線です。

光回線のメリットは、速度の速さと安定性です。現在の光回線は下り上りどちらも最大1Gbps以上のものが主流ですし、中には5Gbpsや10Gbpsに対応しているものもあります。

よしこちゃん
よしこちゃん
でもライブ配信をするのに必要な上り速度は3~10Mbpsぐらいなんだよね?だったら光回線みたいな1Gbpsとかの速度は必要ないんじゃない??
天使先生
天使先生
そうだね~。でも、最大1Gbpsの光回線でも、実際には100Mbpsも出ればかなり高速といえる部類なんだよ
よしこちゃん
よしこちゃん
最大1Gbpsの回線でも、実際にはそれぐらいしか出ないってこと??
天使先生
天使先生
そう、あくまで「最大速度」だからね。でもオンラインゲームや動画視聴でも30Mbpsもあれば十分快適に使えるんだけどね。

あと、家族がオンラインゲームしていたり、動画を見ていたりする中で配信している中でも必要な速度が出る回線じゃないといけないから、やっぱり光回線が一番安心なんだよね

WiMAXなどのモバイルWi-Fiはライブ配信に向かない

よしこちゃん
よしこちゃん
やっぱり、モバイルWi-Fiじゃ厳しいのかな
天使先生
天使先生
スマートフォンでできるサイトだったらいけるかもしれないけれど、あまりおすすめはしない

外で短時間の配信をする分には向いているかもしれませんが、モバイルWi-Fiだけで配信していくのは難しいです。

多くのモバイルWi-Fiは、一定量以上の通信をすると速度制限がかかる仕様になっているので、通信量の多いライブ配信には向きません。また、そもそもの速度面でも光回線の半分以下のものが多いので、特に家族共用で使うには厳しいです。

4G回線、デザリングもライブ配信に向かない

質よりも量を優先して、数分単位の配信をたくさん投稿する分には良いかもしれませんが、特別な事情がない限りおすすめはしません。

なぜなら、4G回線やデザリング機能では回線が弱いからです。

具合的に説明すると、Wi-Fiと接続していない状態でアプリをやったことがある人はわかるかもしれませんが、ローディング画面が長かったり、キャラクターの動きがちょこちょこ止まったりした経験はありませんか?

それと同様で、スマホ本体の回線では無理があります。

デザリング機能はスマホをモバイルWi-Fiのような役割の付与を一時的にするものですが、バッテリーの消耗が激しいので、ライブ配信には向いていません。

ライブ配信(ネット生放送)におすすめの光回線

天使先生
天使先生
最後に、ライブ配信を快適に行うためにおすすめの光回線を紹介していくね!
よしこちゃん
よしこちゃん
光回線ならどれでもいいってわけじゃないんだね
天使先生
天使先生
光回線であれば、どれを選んでもモバイルWi-Fiやテザリングよりは最大速度は速いんだけど、混雑の影響などがあって実効速度には大きな差が出てしまうこともあるんだよね

だから、光回線の中でも混雑の影響を受けづらく高速なものを選ぶのがおすすめだよ!

天使先生
天使先生
混雑の影響を受けづらくて高速な光回線、そしてその中のどれがどんな方におすすめなのかを挙げていくので、光回線の乗り換え時は参考にしてね!
混雑の影響を受けづらくて高速な光回線

ダークファイバー回線(NURO光・auひかり(関東の一部のみauひかり独自回線。その他のエリアはダークファイバー回線。)
独自回線(コミュファ光・eo光・メガエッグ・ピカラ光・BBIQ)
IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6対応のフレッツ光・光コラボ(ドコモ光・ソフトバンク光など)

Pick UP!

プロe-Sports選手の自宅や「esports Japan」などの施設でも使われているのが、【NURO光】という光回線です。

他回線のユーザーと共有しない「独自(専用)回線」利用で、上り下り平均400Mbps以上/ping12ms以下の速度を実現(参照:みんなのネット回線速度)。

PUBG・APEX・ストVなどの大会でも採用されています!

NURO光の提供エリアは北海道・関東・東海・関西・九州の一部のみですが、エリア内で高速回線に乗り換えたい方にはオススメNo.1の光回線です。(特にソフトバンクユーザーであれば安く使えます)

詳しくは下記公式サイトを参照してください。

詳細をみる
公式サイト

ドコモユーザーの方はこちら

ソフトバンクユーザーの方はこちら

auユーザーの方はこちら

BIGLOBEモバイルユーザーの方はこちら

IIJmioモバイルユーザーの方はこちら

OCNモバイルONEユーザーの方はこちら

UQモバイルユーザーの方はこちら

フレッツ光しか使えないアパート/マンションなどの方はこちら

上記以外の方/2~3年縛りがイヤな方はこちら

★ドコモユーザーの方

全国のドコモユーザー

ドコモユーザーにおすすめの光回線

ドコモ光
v6プラス対応の高速回線
ドコモユーザーなら毎月最大1,000円/台 割引(ドコモ光セット割)
5,500円~20,000円キャッシュバック
dポイント最大20,000円分プレゼント
セキュリティソフト(マカフィー)1年間無料
訪問設定サポート1回無料
v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタル無料

ドコモ光の提供エリアは、日本全国をカバーしています(場所によってはエリア外の場合もあります)

他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら

  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

光コラボからの「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。

ドコモ光の申し込みはこちら

★ソフトバンクユーザーの方

天使先生
天使先生
エリアごとにおすすめの光回線が違うから、↓のタブで選んでね
関東・関西・東海・九州(福岡/佐賀)地方のソフトバンクユーザーその他のソフトバンクユーザー

関東・関西・東海・九州(福岡/佐賀)地方のソフトバンクユーザーにおすすめの光回線

NURO光
ダークファイバー(NURO光専用回線)の高速回線
ソフトバンクユーザーなら毎月最大1,000円/台 割引(おうち割光セット)
45,000円キャッシュバック
工事費実質無料
ケータイもソフトバンクに乗り換えで他社ケータイの違約金還元(ネット+電話申し込みが条件)
So-net設定サポート(訪問/遠隔)が1回無料
カスペルスキー(セキュリティソフト)が永年無料
無線LAN機能つきHGWレンタルが永年無料

NURO光のエリアは、北海道・関東・東海・関西・九州(福岡と佐賀)のみです

北海道の一部
関東:東京、千葉、神奈川、埼玉、茨城、栃木、群馬
東海:愛知、静岡、岐阜、三重
関西:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
九州:福岡、佐賀

NURO光の申し込みはこちら

関東・関西・東海・九州(福岡/佐賀)地方以外のソフトバンクユーザーにおすすめの光回線

ソフトバンク光
IPv6高速ハイブリッド対応の高速回線
ソフトバンクユーザーなら毎月最大1,000円/台 割引(おうち割光セット)
36,000円キャッシュバック
戸建て:20,000円分 集合住宅:10,000円キャッシュバック(普通為替)
工事費実質無料
他社違約金・撤去工事費・アナログ電話復活工事費還元(最大10万円)
ケータイもソフトバンクに乗り換えで他社ケータイの違約金還元(おうち割光セット加入が条件)
開通までソフトバンクエアーもしくはポケットWi-Fi無料レンタル

ソフトバンク光の提供エリアは、日本全国をカバーしています(場所によってはエリア外の場合もあります)

他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら

  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

光コラボからの「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。

ソフトバンク光の申し込みはこちら

★auユーザーの方

天使先生
天使先生
エリアごとにおすすめの光回線が違うから、↓のタブで選んでね
東海・関西・中国・四国・沖縄以外のauユーザー(戸建て)/全国のauユーザー(マンション)東海地方/長野県のauユーザー(戸建て)関西地方/福井県のauユーザー(戸建て)中国地方のauユーザー(戸建て)四国地方のauユーザー(戸建て)九州地方のauユーザー(戸建て)沖縄のauユーザー(戸建て)

東海・関西・中国・四国・沖縄以外のauユーザー(戸建て)/全国のauユーザー(マンション)におすすめの光回線

auひかり
ダークファイバー&独自回線(auひかり専用回線)で高速
auユーザーなら毎月最大2,000円/台 割引(auスマートバリュー)
戸建て:45,000~52,000円 集合住宅:40,000円~47,000円キャッシュバック
工事費実質無料(戸建ての場合はネット+電話契約が条件)
他回線の違約金など還元+キャッシュバック(戸建て:最大55,000円まで 集合住宅:最大45,000円まで)

auひかりのエリアは、集合住宅(マンションタイプ)は日本全国OKですが、戸建ては下記都道府県ではエリア外となることが多いです。
福井、静岡、岐阜、愛知、三重
兵庫、滋賀、大阪、京都、奈良、和歌山

auひかりの申し込みはこちら

東海地方/長野県のauユーザー(戸建て)におすすめの光回線

コミュファ光
独自回線(コミュファ光専用回線)で高速
auユーザーなら毎月最大2,000円/台 割引(auスマートバリュー)
戸建て:30,000円 集合住宅:35,000円キャッシュバック(※長野はどちらも3万円) or ニンテンドースイッチプレゼント
工事費無料
月額割引
(電話/電話+テレビなどオプション加入の場合)最大2万円キャッシュバック ※戸建て限定
他回線の違約金など還元(戸建て:最大40,000円まで 集合住宅:最大40,000円まで)
最大1.5万円キャッシュバック ※プラン・オプションによって金額が変動
(光コラボ・NURO光・SoftBank Airからの乗り換えで)最大2万円キャッシュバック

コミュファ光のエリアは、東海地方(愛知県、静岡県、岐阜県、三重県)、長野県のみです。

コミュファ光の申し込みはこちら

関西地方/福井県のauユーザー(戸建て)におすすめの光回線

eo光
独自回線(eo光専用回線)で高速
auユーザーなら毎月最大2,000円/台 割引(auスマートバリュー)
商品券プレゼント(戸建て:10,000円分 集合住宅:3,000円分)
工事費実質無料
月額割引⇒戸建て:4,953円⇒2,953円/月(12ヶ月間) 集合住宅:3,523円⇒3,024円(24ヶ月間)
eo電気もセット利用なら 最大12ヶ月間 毎月さらに500円割引
関電ガスもセット利用なら 最大4ヶ月間 毎月さらに500円割引
他回線の違約金・撤去費など還元(最大50,000円まで)
セキュリティー・サポート(通常250円/月)が1年間無料
Wi-Fiルーターレンタル(通常96円/月)が1年間無料

eo光のエリアは、関西地方(大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・和歌県)、福井県のみです。

eo光の申し込みはこちら

中国地方のauユーザー(戸建て)におすすめの光回線

メガエッグ光
独自回線(メガエッグ専用回線)で高速
auユーザーなら毎月最大2,000円/台 割引(auスマートバリュー)
20,000円キャッシュバック
(メガエッグコレクト同時申し込みで)さらに9,000円キャッシュバック
工事費実質無料
他回線の違約金など還元(戸建て:最大30,000円まで 集合住宅:最大30,000円まで)
(メガエッグコレクト同時申し込みで)契約事務手数料実質無料

メガエッグのエリアは、中国地方(広島県、岡山県、山口県、島根県、鳥取県)のみです。

メガエッグの申し込みはこちら

四国のauユーザー(戸建て)におすすめの光回線

ピカラ光
独自回線(ピカラ光専用回線)で高速
auユーザーなら毎月最大2,000円/台 割引(auスマートバリュー)
25,000円キャッシュバック
契約手数料無料
工事費実質無料
開通月の基本料金無料
ピカラ光電話の基本料金(500円)×6ヶ月無料 ※ネット+でんわ申し込みの場合
Wi-Fiルーターレンタル(通常600円/月)が無料 ※ネット+でんわ申し込みの場合

ピカラ光のエリアは、四国地方(徳島県・香川県・愛媛県・高知県)のみです。

ピカラ光の申し込みはこちら

九州地方のauユーザー(戸建て)におすすめの光回線

BBIQ光
独自回線(BBIQ光専用回線)で高速
auユーザーなら毎月最大2,000円/台 割引(auスマートバリュー)
戸建て:30,000円 集合住宅:25,000円キャッシュバック ※指定オプションに加入の場合
ニンテンドースイッチプレゼント ※指定オプションに加入の場合
PS4プレゼント ※指定オプションに加入の場合
工事費無料
11ヶ月間割引⇒戸建て:4,000円/月 集合住宅:2,800円~4,800円/月

BBIQ光のエリアは、九州地方(福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県)のみです。

BBIQ光の申し込みはこちら

沖縄のauユーザー(戸建て)におすすめの光回線

ビッグローブ光
IPv6オプション対応の高速回線
auユーザーなら毎月最大2,000円/台 割引(auスマートバリュー)
BIGLOBEモバイルユーザーなら毎月300円 割引(光☆SIMセット割)
26,000円~28,000円キャッシュバック or 18,000円~20,000円キャッシュバック+IPv6オプション対応Wi-Fiルータープレゼント
工事費実質無料
引越しの際も工事費無料(何回引越しても無料)

ビッグローブ光の提供エリアは、日本全国をカバーしています(場所によってはエリア外の場合もあります)

他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら

  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

光コラボからの「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。

ビッグローブ光の申し込みはこちら

天使先生
天使先生
スマホも合わせてトータルで安くしたい方はBIGLOBEモバイルがオススメ!ビッグローブ光とセットで毎月300円割引!


BIGLOBEモバイル申し込みはこちら

★BIGLOBEモバイルユーザーの方

全国のBIGLOBEモバイルユーザー

BIGLOBEモバイルユーザーにおすすめの光回線

ビッグローブ光
IPv6オプション対応の高速回線
auユーザーなら毎月最大2,000円/台 割引(auスマートバリュー)
BIGLOBEモバイルユーザーなら毎月300円 割引(光☆SIMセット割)
26,000円~28,000円キャッシュバック or 18,000円~20,000円キャッシュバック+IPv6オプション対応Wi-Fiルータープレゼント
工事費実質無料
引越しの際も工事費無料(何回引越しても無料)

ビッグローブ光の提供エリアは、日本全国をカバーしています(場所によってはエリア外の場合もあります)

他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら

  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

光コラボからの「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。

ビッグローブ光の申し込みはこちら

天使先生
天使先生
スマホも合わせてトータルで安くしたい方はBIGLOBEモバイルがオススメ!ビッグローブ光とセットで毎月300円割引!


BIGLOBEモバイル申し込みはこちら

★IIJmioモバイルサービスユーザーの方

IIJmioモバイルサービスユーザーの方

IIJmioモバイルサービスユーザーの方におすすめの光回線

IIJmio光
IPoEオプション対応の高速回線
IIJmioモバイルユーザーなら毎月600円/台 割引(mio割)

IIJmio光の提供エリアは、日本全国をカバーしています(場所によってはエリア外の場合もあります)

他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら

  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

光コラボからの「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。

IIJmio光の申し込みはこちら

★OCNモバイルONEユーザーの方

全国のOCNモバイルONEモバイルユーザー

OCNモバイルONEユーザーにおすすめの光回線

OCN光
OCN v6アルファ対応の高速回線(※高速通信(IPv4 over IPv6)が無料で使えるようになりました!)
OCNモバイルONEユーザーなら毎月200円/台 割引(OCN光モバイル割)
2.2万円キャッシュバック

OCN光の提供エリアは、日本全国をカバーしています(場所によってはエリア外の場合もあります)

他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら

  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

光コラボからの「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。

OCN光の申し込みはこちら

よしこちゃん
よしこちゃん
スマホも合わせてトータルで安くしたい方はOCNモバイルONEがオススメ!OCN光とセットで毎月200円/台割引!

OCNモバイルONEの申し込みはこちら

★UQモバイルユーザーの方

全国のUQモバイルユーザー

UQモバイルユーザーにおすすめの光回線

enひかり
v6プラス/transix対応の高速回線
UQモバイルユーザーなら毎月100円割引(勝手に割り)
モバイルWi-Fiレンタル3泊4日無料(1泊2日以上の申し込み時)

enひかりの提供エリアは、日本全国をカバーしています(場所によってはエリア外の場合もあります)

他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら

  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

光コラボからの「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。

enひかりの申し込みはこちら

よしこちゃん
よしこちゃん
UQモバイルならenひかりとセット利用がお得&キャッシュバックCP実施中!

★フレッツ光しか使えないアパート/マンションなどの方

フレッツ光しか使えない環境の方

フレッツ光しか使えないアパート/マンションなどの方におすすめのプロバイダ

GMOとくとくBB
v6プラス対応の高速プロバイダ
v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタル無料

GMOとくとくBB(プロバイダ)の申し込みは、フレッツ光ご利用中の方・フレッツ光申し込み後の方が申し込みできます。まだフレッツ光を申し込みしていない方は、先にフレッツ光の申し込みが必要です。

GMOとくとくBBの申し込みはこちら

★上記以外の方/2~3年縛りがイヤな方

上記以外の方/2~3年縛りがイヤな方

上記以外の方/2~3年縛りがイヤな方におすすめの光回線

enひかり
v6プラス/transix対応の高速回線
UQモバイルユーザーなら毎月100円割引(勝手に割り)
モバイルWi-Fiレンタル3泊4日無料(1泊2日以上の申し込み時)

enひかりの提供エリアは、日本全国をカバーしています(場所によってはエリア外の場合もあります)

他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら

  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

光コラボからの「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。

enひかりの申し込みはこちら

よしこちゃん
よしこちゃん
UQモバイルならenひかりとセット利用がお得&キャッシュバックCP実施中!

まとめ

天使先生
天使先生
今回の記事のまとめ!
  • 配信の準備はパソコン、アカウントの用意と設定から配信環境の確認
  • 上り=送信、下り=受信で配信者側は上りを優先する
  • 推奨速度は上り3~10Mbps
  • 使う回線は光回線がおすすめ

情報を配信して人気を上げ、多くの人から支持されることは難しいように聞こえるかもしれませんが、自分のやりたい配信と登録しているサイト全体の需要に折り合いをつけて努力すれば、見てくれる人が徐々に増えてくるので、不可能なことではなく一握りの逸材にしかできないことではありません。

ですので、「ライブ配信をやりたかった」。
もしくは「この記事を見てライブ配信をやってみたくなった」。

という方は、回線環境を整えてスマートフォン向けのアプリからでも、試しに配信してみてはどうでしょうか?

これでは今回の記事は以上になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。