ビッグローブ光

ビッグローブのIPv6オプションとIPv6オプションライトの違い・切り替え方法

ビッグローブ光、ドコモ光、フレッツ光などで使えるプロバイダのビッグローブでは、

  • IPv6オプション
  • IPv6オプションライト

という2種類のIPv6サービスが使えます。

名前は似ていますが、内容は別物ですので、しっかり理解した上で選びましょう。

このページでは、2つのサービスの違いや、それぞれの切り替え(変更)方法について解説していきます。

ビッグローブのIPv6オプション・IPv6オプションライトが使える光回線

  • ビッグローブ光
  • ドコモ光(プロバイダがビッグローブの場合)
  • フレッツ光(プロバイダがビッグローブの場合)

ビッグローブのIPv6オプションとIPv6オプションライトの違い

IPv6オプションIPv6オプションライト
IPv6未対応のサービス利用時の通信速度速い普通(混雑してると遅い)
IPv6対応のサービス利用時の通信速度速い速い
必須機器IPv6オプション対応のルーターなし
使えないサービス
  • 固定IP
  • ダイナミックDNS
  • ポート開放が必要なゲームなど
  • 特定のプロトコル(PPTP、SCTP)を使うサービス
  • PCやゲーム機をサーバーにして外部公開すること(ネトゲでホストになる場合など)
なし

主な違い① IPv6未対応(IPv4にしか対応していない)サービスを使うときの通信速度

IPv6オプションとIPv6オプションライトの主な違いの1つ目は、IPv6未対応のサービス(ホームページ、動画サービス、ゲームなど)を使うときの通信速度(回線速度)です。

IPv6オプションを使えば通信速度が速くなり、IPv6オプションライトだと速くなりません(IPv6オプションライトは混雑の影響を受けやすいので、混雑時は遅くなる)。

現在でも、IPv6に対応しているサービスは少なく、多くの場合でIPv6未対応(=IPv4のみ対応)のサービスを使うことになるため、

IPv6オプションを契約した方が、普段から通信速度が速くて、快適にネットが使えます。

IPv6に対応しているサービスは、PS5などの最新ゲーム機や、Google、YouTube、ネットフリックスなど極少数のみで、その他のPS4・Nintendo Switch、各種サイトなどは現在でもIPv6非対応です。
よしこちゃん
よしこちゃん
ほとんどのサービスがIPv6非対応だから、IPv6オプションを使った方が速くなる場面が多いんだね

主な違い② 専用ルーターが必要か

IPv6オプションを利用する場合は、「IPv6オプション対応ルーター」が必要です。

ビッグローブを契約した時期にもよりますが、IPv6オプション対応ルーターの無料レンタルサービスを実施していますので、自分で購入しなくても、IPv6オプションが使えます。

※性能の良いルーターを選びたい場合などは、自分で購入してもOKです。(対応ルーターは下記ページで確認できます)

IPv6オプションライトの場合は、専用ルーター不要です。

主な違い③ 使えないサービスがあるか

IPv6オプションは、IPv6 IPoE + iPV4 over IPv6という通信方式を利用しています。

IPv6 IPoE + iPV4 over IPv6の注意点として、下記のようなサービス・使い方ができません。

  • 固定IP
  • ダイナミックDNS
  • ポート開放が必要なゲームなど
  • 特定のプロトコル(PPTP、SCTP)を使うサービス
  • PCやゲーム機をサーバーにして外部公開すること(ネトゲでホストになる場合など)

上記だけを見ても、なかなかピンと来ないと思いますが、下記のようなことが出来なくなります。

  • 自宅にWebカメラを設置して、外出先からスマホ・PCで映像を見る
  • 自宅のパソコンにリモートアクセスする
  • ネトゲで自分がホストになる
  • 自宅にサーバーを立てて外部に公開する
  • ポート開放が必要なゲームができない(※今はポート開放が必要なゲームはほとんどない) etc
よしこちゃん
よしこちゃん
できないのがこれだけだったら、私は大丈夫そう!

あともう少しだけ注意しておきたいのが、PS5・PS4・Nintendo Switchなどのオンラインゲームをする時に、NATタイプ1・NATタイプAにできなくなります。

NATタイプは、PS5・PS4・Nintendo Switchなどのゲーム機でオンラインゲームをする際の、マッチングのしやすさなどを表す指標です。

NATタイプ1・NATタイプAでなくてもオンラインゲームは出来るのですが、マッチング相手が狭まる場合があるため、マッチングに時間がかかってしまったり、オンラインプレイしたい相手と遊べないなどの問題が起こることがあります。

また、ハッキリした原因は不明なのですが、特にNintendo Switchのゲームで、IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続だとエラーが起きやすいと言われることがあります。

管理人
管理人
うちもIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6を使って、Switchなどのネトゲをやっていますが、特にIPv6~が原因でエラーが出たことはありません。ただし、IPv6~が原因と思われる通信エラーが出たという声も挙がっているのは確かなので、一応意識しておいた方が良いかもしれません。
天使先生
天使先生
ネトゲのガチ勢で、不安要素は全て取り除きたいという方は、NATタイプ1・Aにできるダークファイバー系や独自回線系の光回線を選ぶことをオススメします
NATタイプ1・Aにできるダークファイバー系や独自回線系の光回線
おすすめ回線平均速度
NURO光(ソフトバンクユーザーにおすすめ)Ping値: 12.44ms
下り: 538.58Mbps
上り: 488.59Mbps
auひかり(東日本のauユーザー(戸建て)、全国のauユーザー(集合住宅))Ping値: 15.91ms
下り: 472.18Mbps
上り: 445.25Mbps
コミュファ光(東海・長野のauユーザー〃)Ping値: 15.92ms
下り: 548.45Mbps
上り: 491.2Mbps
eo光(関西のauユーザー〃)Ping値: 15.71ms
下り: 597.75Mbps
上り: 515.47Mbps
ピカラ光(四国のauユーザー〃)Ping値: 18.32ms
下り: 505.45Mbps
上り: 436.75Mbps
メガエッグ光(中国のauユーザー〃)Ping値: 21.71ms
下り: 380.27Mbps
上り: 320.1Mbps
BBIQ光(九州のauユーザー〃)Ping値: 24.95ms
下り: 428.61Mbps
上り: 342.42Mbps

ビッグローブのIPv6オプションとIPv4 PPPoEの併用はできない

「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」と「IPv4 PPPoE」を併用することで、IPv6 IPoE + Pv4 over IPv6非対応のサービスも使えるようになります。(詳しくは下記リンク先で解説しています)

v6プラスとPPPoEを併用するメリットと方法まとめ

ただし、併用できるプロバイダは限られており、残念ながらビッグローブのIPv6オプションは併用できないようです。

天使先生
天使先生
将来的には併用できるようになるかもだけど、この記事の執筆時点ではできないみたい

ビッグローブのIPv6オプションとIPv6オプションライトはどちらがおすすめ?

回線速度を速くしたいなら、IPv6オプションがおすすめです。

ただし、前項で挙げたIPv6オプション(IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6)だと使えないサービスを使う方、ネトゲ(特にNintendo Switch)のガチ勢には、IPv6オプションは向いていません。

そういった方はIPv6オプションよりIPv6オプションライトが向いています。

ただし、IPv6オプションライトには、回線速度を速くする効果はあまりありません(IPv6対応サービスを使う時のみ速くなる)。

そのため、速度の高速化がしたい場合は、IPv6オプションライトではなく、高速なダークファイバー回線or独自回線を契約することをおすすめします。

ダークファイバー系や独自回線系の光回線
おすすめ回線平均速度
NURO光(ソフトバンクユーザーにおすすめ)Ping値: 12.44ms
下り: 538.58Mbps
上り: 488.59Mbps
auひかり(東日本のauユーザー(戸建て)、全国のauユーザー(集合住宅))Ping値: 15.91ms
下り: 472.18Mbps
上り: 445.25Mbps
コミュファ光(東海・長野のauユーザー〃)Ping値: 15.92ms
下り: 548.45Mbps
上り: 491.2Mbps
eo光(関西のauユーザー〃)Ping値: 15.71ms
下り: 597.75Mbps
上り: 515.47Mbps
ピカラ光(四国のauユーザー〃)Ping値: 18.32ms
下り: 505.45Mbps
上り: 436.75Mbps
メガエッグ光(中国のauユーザー〃)Ping値: 21.71ms
下り: 380.27Mbps
上り: 320.1Mbps
BBIQ光(九州のauユーザー〃)Ping値: 24.95ms
下り: 428.61Mbps
上り: 342.42Mbps

ビッグローブのIPv6オプションとIPv6オプションライトの切り替え(変更)が必要になるのはどんな場合?

IPv6オプションライトを利用していて、回線速度を高速にしたい場合→IPv6オプションに切り替え

IPv6オプションを利用していて、IPv6オプションでは使えないサービスを使いたい場合→IPv6オプションライトに切り替え

ビッグローブ光IPv6オプション・IPv6オプションライトの申し込みや利用にかかる費用

IPv6オプション・IPv6オプションライトの申し込みや切り替えにかかる費用も、利用中の月額料金などもすべて無料です。

ビッグローブのIPv6オプションとIPv6オプションライトの切り変え(変更)方法

天使先生
天使先生
詳細は公式サイトで確認しながら進めるか、不安だったらビッグローブの電話サポートにかければ教えてもらえるよ!

IPv6オプションからIPv6オプションライトへの切り替え方法(変更)

①下記ページにアクセスし、注意事項などを確認してください

IPv6オプションライト(会員サポート)

②「IPv6オプションライトを申し込む」ボタンをクリック

③BIGLOBE IDでログインする

④画面の案内に従ってIPv6オプションライトを申し込む

⑤IPv6オプションライトの設定完了後、「【お知らせ】IPv6オプションライトの設定が「完了」しました」という件名のメールが、連絡先メールアドレスに届きます

⑥完了

IPv6オプション対応ルーターをレンタルしている方は、返却が必要になる場合があります。詳しくは、ビッグローブ光のカスタマーサービスに確認してください。

IPv6オプションライトからIPv6オプションへの切り替え方法(変更)

①下記ページにアクセスし、注意事項などを確認してください

IPv6オプション(会員サポート)

②「IPv6オプションを申し込む」ボタンをクリック

③BIGLOBE IDでログインする

④画面の案内に従ってIPv6オプションを申し込む

⑤①のページを参考に、接続設定を行う

⑥完了