ドコモ光

【1分で結論!】東京ベイネットワークとドコモ光はどちらがオススメ?7項目で比較した結果

この記事では、東京ベイネットワークとドコモ光を比較し、どんな方にどちらがオススメかを解説します!

よしこちゃん
よしこちゃん
どんな項目で比較するの??

当サイト独自で200人の方に調査を行った結果、インターネット回線を選ぶ際、

・約90%の方が料金の安さ
・約50%の方が速度の速さ

を重視していることがわかりました。

インターネット回線・プロバイダの選び方(重視ポイント)ランキング【200人に独自調査】インターネット回線やプロバイダの選び方に迷った経験のある方は多いと思います。速度や料金、キャンペーン特典など、どのポイントを重視すれば良いのか、判断が難しいですよね。そこで、当サイト独自で200人の方を対象に「ネット回線の選び方(重視したポイント)」についてのアンケート調査を行い、選んだ人数が多かった順にランキング化しました。ネット回線の選び方に迷っている方は、ぜひ参考にしてください。...

そこで、料金や速度を中心に、下記の7項目で比較しています。

・対応エリア
・2年間の合計料金( 初期費用・月額料金)
・速度(最大速度・実測速度など)
・契約期間
・使い始められるまでの期間
・口コミ
・解約にかかる費用

【4.2万円CB中!】
ドコモユーザーにおすすめ!平均300Mbps超えの高速回線(※公式サイトより)

詳細をみる
公式サイトをみる

【結論!】東京ベイネットワークとドコモ光の比較結果まとめ

まずは東京ベイネットワークとドコモ光のエリアや2年間の支払い合計料金、最大速度、利用者が各家庭で出せている実際の速度・実測速度の平均などをまとめました。

東京ベイネットワーク ドコモ光
対応エリア 東京都江東区・中央区 日本全国
2年間の合計料金
(初期費用+月額料金)
戸建住宅137,140円/マンション116,020

※Web割による商品券3,000円分プレゼント込み

戸建住宅140,580円/マンション108,900円

※タイプA契約時

最大速度 下り最大160Mbps、上り最大10Mbps 上下1Gbps
実測速度(みんそく) 下り35.27Mbps
上り6.96Mbps
Ping47.93ms
下り271.51Mbps
上り227.06Mbps
Ping19.37ms
ダークファイバー回線
独自回線
IPv4 over IPv6対応の光コラボ
orフレッツ光にあてはまるか
× ◯(光コラボ、IPv4 over IPv6対応プロバイダを選択可能)

東京ベイネットワークは対応エリアが東京都内の一部に限られるため、エリア内に住んでいて合わせてケーブルテレビや電話の契約を1箇所にまとめたい人におすすめです。

東京ベイネットワーク公式サイトはこちら

ドコモ光は日本全国で契約でき、回線速度も速いため基本的にどちらを選ぶかで迷ったらドコモ光の方を選んでおけばOKです。

ドコモ光
v6プラス対応の高速回線
ドコモユーザーなら毎月最大1,100円/台 割引(ドコモ光セット割)
オプションなしで42,000円キャッシュバック
新規工事費無料
dポイント2,000円分プレゼント
ドコモ光10ギガ申し込みならdポイント17,000円分プレゼント
セキュリティソフト(マカフィー)1年間無料
訪問設定サポート1回無料
v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタル無料
【2022年7月の申し込み~解約金減額!】ドコモ光の解約金が戸建てなら5,500円 マンションなら4,180円に減額!

ドコモ光の提供エリアは、日本全国をカバーしています(場所によってはエリア外の場合もあります)

他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら

  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

光コラボからの「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。

キャンペーン詳細をみる

公式サイトをみる

よしこちゃん
よしこちゃん
一応戸建住宅は東京ベイネットワークのほうが440円ほど安いみたいだけど…
天使先生
天使先生
それでもやっぱり、選ぶべきはドコモ光だね。なぜドコモ光が良いのか、次項で詳しく項目を分けて比べながらチェックしていこう!

東京ベイネットワークvsドコモ光 7項目での比較詳細

東京ベイネットワークとドコモ光の違いを、7つの項目に分けてチェックしてみました。

全体的に仕様が異なる部分が多く、エリア・料金・契約内容等全体的にドコモ光のほうがわかりやすく内容も充実しています。

対応エリア

東京ベイネットワークとドコモ光では、契約できるエリアが大きく異なります。

東京ベイネットワーク ドコモ光
対応エリア 東京都江東区、中央区 日本全国

東京ベイネットワークは東京都江東区と中央区向けのケーブルテレビサービスであるため、江東区と中央区で契約できます。

ドコモ光はNTTフレッツ光の回線を利用していて、エリア内であれば日本全国での契約が可能です。

江東区・中央区に住んでいない方は、ドコモ光を検討しましょう。

ただし東京ベイネットワーク・ドコモ光のどちらも、エリア内であっても建物などによっては契約に対応していない場合もあることにご注意ください。

よしこちゃん
よしこちゃん
エリアの対応状況の時点で、多くの人はドコモ光一択になってくる感じなのね。
天使先生
天使先生
次項以降の比較は、江東区・中央区に住んでいたり住む予定があったりする人向けになるね。

2年間の合計料金

東京ベイネットワークとドコモ光で、契約時に発生する初期費用や月額料金、スマートフォンとのセット割への対応内容、そして2年間の合計料金を比べてみました。

東京ベイネットワーク ドコモ光
初期費用 事務手数料5,500円+工事費戸建住宅13,200円・集合住宅6,600円→2年契約で実質無料+機器設置工事費用13,200円 事務手数料3,300円+工事費(戸建住宅19,800円、マンション16,500円)→キャンペーンで工事費は無料
月額料金 戸建住宅5,830円→特割利用時5,060円/マンション4,950円→特割利用時4,180円

※無線LAN利用可能

戸建住宅5,720円/マンション4,400円

※タイプA契約時

スマホとのセット割
(1回線、最大額)
-1,100円(au、1,463円の電話サービス申し込み必須)/-858円(UQ自宅セット割)

※ネット+テレビまたはネット+電話のセット契約必須

-1,100円(ドコモ)
2年間の合計料金
(初期費用+月額料金)
戸建住宅137,140円/マンション116,020

※Web割による商品券3,000円分プレゼント込み

戸建住宅140,580円/マンション108,900円

まず初期費用のうち契約事務手数料は、ドコモ光なら一般的な金額の3,300円ですが、東京ベイネットワークだと事務手数料がインターネット回線としては高めの5,500円かかります。

よしこちゃん
よしこちゃん
ちょっと高いわね…

さらに東京ベイネットワークでは工事費を24ヶ月間の割引で実質無料にできるものの、別途「機器設置工事費用」13,200円が発生する点にも気をつけなければいけません。

ドコモ光なら工事費はキャンペーンにより無料に抑えることが可能です。

ドコモ光の工事費(工事料金)の疑問をすべて解決!【キャンペーン、支払い方法、引っ越しetc】ドコモ光の工事料金っていくらかかる?工事費無料キャンペーンはある?途中で引っ越したらどうなる?支払方法は?など、これからドコモ光に申し込む方や現在利用中の方が疑問に感じるところを解説していきます!...
【2022年11月現在】工事費無料キャンペーン実施中の光回線一覧&おすすめ回線!工事費無料キャンペーンを実施中の光回線一覧と、その中でどの回線がどんな方におすすめなのかを解説しています。...

そして月額料金はドコモ光よりも特割利用時の東京ベイネットワークのほうが無線LANも追加料金無しで使えるうえで割安ですが、速度に大きな違いがあるため詳しくは次項をご確認ください。

天使先生
天使先生
正直、差額を考慮してもサービス内容を踏まえるとお得なのはドコモ光といった印象。

スマホとのセット割はドコモ光ならもれなくドコモスマホが対象になり、東京ベイネットワークではオプションとしてケーブルテレビか電話サービスを申し込む条件でauスマホが割引になります。

例えば東京ベイネットワークの電話サービスは月額1,463円なので、電話サービスを使う予定がない場合は2回線以上auを契約していてオプション料金以上に割引を受けられる場合にセット割を活用してみてください。

よしこちゃん
よしこちゃん
1,100円しか割引を受けられないのに1,463円の電話サービスを契約したら、363円の損になっちゃうんもんね。
天使先生
天使先生
電話サービスやケーブルテレビを普通に使う予定なら問題ないんだけど、使わないなら無理にセット割のために追加でネット以外を申し込む必要はないよ。

2年間の合計料金は戸建住宅だと東京ベイネットワークが3,440円ほど割安、マンションは13,120円ほどドコモ光が安価でした。

天使先生
天使先生
正直、この程度の差なら速度も踏まえると絶対ドコモ光がお得だと思うよ。続いて、速度を比べてみよう!

なお東京ベイネットワークはWeb割により、Webからの申込みだと3,000円分の商品券をもらえます。

ドコモ光はプロバイダや申込み窓口によって、もらえる特典の有無や金額が異なることにご注意ください。

ドコモ光で利用する申込み窓口によっては数千円~数万円分などの特典を受け取り、2年間の総支払額を東京ベイネットワークより安く抑えられる場合もあります。

ドコモ光のキャッシュバック額が爆上がり!ドコモ光代理店「NNコミュニケーションズ」で42,000円キャッシュバック!ドコモ光のキャッシュバック額が急激に上がっています。一番お得なドコモ光代理店「NNコミュニケーションズ」の42,000円キャッシュバックキャンペーンの詳細を解説していきます。...

速度

東京ベイネットワークとドコモ光で、回線仕様上の最大速度や2022年10月26日時点における「みんそく」のデータを元にした実測速度の平均値などを比べてみました。

東京ベイネットワーク ドコモ光
最大速度 下り最大160Mbps・上り最大10Mbps(シンプルネットII160M) 上下1Gbps
実測速度 下り35.27Mbps
上り6.96Mbps
Ping47.93ms
下り271.51Mbps
上り227.06Mbps
Ping19.37ms
ダークファイバー回線
独自回線
IPv4 over IPv6対応の
光コラボorフレッツ光に
あてはまるか
×(ケーブルテレビ回線) ◯(IPv4 over IPv6対応プロバイダを選択可能な光コラボ)

東京ベイネットワークは光回線ではなくケーブルテレビのインターネット回線サービスなので、速度は最大速度のシンプルネットII160Mで下り最大160Mbps・上り最大10Mbpsと遅めです。

ネットが快適に使える通信速度・回線速度の目安・基準は?ネット回線の平均速度の比較ランキングや改善方法も紹介!ネットの使い道ごとの快適に使える通信速度・回線速度の目安・基準や、様々なネット回線(光回線・モバイルWi-Fi・ホームルーター・ADSLなど)の平均速度~比較ランキング、そして速度が遅い場合に改善する方法など、ネットの通信速度(回線速度)に関する情報をまとめています。...

東京ベイネットワークには他にも色々なプランがありますが、光回線を使える専用プランなどは用意されていません。

ドコモ光ならその名の通り光回線を使っているので、上下最大1Gbpsの高速で通信可能となっています。

実測速度も回線の種類が異なることもあって大きな差があり、ドコモ光のほうが圧倒的に高速でした。

ドコモ光ならオンラインゲームや高画質な動画のストリーミング再生など問題なく行えますが、東京ベイネットワークはやや厳し目です。

とくに動画投稿や配信を行っている場合は、東京ベイネットワークだと上り速度が最大10Mbpsしか出ないので配信が途中で止まる・画質が下がるなどの問題が起こる可能性が高い点にご注意ください。

またテレワークやリモート授業のために使う場合も、高速で安定しているドコモ光がおすすめになりますよ。

よしこちゃん
よしこちゃん
快適になんでも行いたいなら、ドコモ光を選んだほうが良いのね。

ドコモ光ならIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6対応のプロバイダ(OCNやGMOとくとくBBなど)を申し込んで対応するルーターなどを用意することにより、回線混雑を避けていつでも高速通信ができる点も見逃せません。

「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」でフレッツ光・光コラボが速くなる!その仕組みや種類~おすすめの対応回線まで完全ガイド!「v6プラス対応だから速い!」や「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4対応で高速通信!」さらには「transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ/ぷららv6エクスプレス/IPoEオプション/OCNバーチャルコネクト対応でハイスピード化!」などを謳っている光回線やプロバイダが増えてきましたが、そもそもそれって何?という方が多いと思います。それらのサービスは総称して「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」と呼ばれるものです。「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」とは何なのか、なぜ速くなるのか、などなど徹底調査し、解説していきます!また、結局どれを使えば良いの??と思われる方も多いと思うので、パターンごとのおすすめ回線を紹介しています!...

契約期間

東京ベイネットワークとドコモ光では、若干契約期間に関する仕様が異なります。

東京ベイネットワーク ドコモ光
契約期間 特割あり:24ヶ月間・自動更新 24ヶ月・自動更新
契約更新月 特割あり:23~25ヶ月目 24〜26ヶ月目

東京ベイネットワークは月額料金を抑えられる特割ありで契約する場合に24ヶ月間の契約期間が発生し、契約は23~25ヶ月目の更新月なら無料で解約できます。

ドコモ光も2年契約なのは共通ですが、24~26ヶ月目が契約更新月です。

使い始められるまでの期間

東京ベイネットワークとドコモ光で、契約を申し込んでから使い始められるまでの待ち時間を比較してみました。

東京ベイネットワーク ドコモ光
使い始められるまでの期間 不明 約2週間〜1ヶ月

東京ベイネットワークの申込み~開通までの期間は不明、ドコモ光は2週間~1ヶ月程度でした。

エリアが大幅に限られているローカルなサービスであるため、東京ベイネットワークもおそらくドコモ光と同程度~もう少し早く開通できる可能性があります。

天使先生
天使先生
春の引っ越しシーズンなど、時期によってはどちらも申込み希望者が増えて開通までの待ち時間が長くなったりする可能性があることに注意。
よしこちゃん
よしこちゃん
仕事などで使うために急ぐなら、どちらも早めに申し込み手続きを行っておくのが良さそうね。
GMOとくとくBB×ドコモ光を実際に契約した体験談!申し込みから開通までの流れを写真つきで解説特にドコモユーザーにオススメのGMOとくとくBB×ドコモ光を実際に契約してみました。申し込み~開通~実際に使い始めるまでの体験談(流れ)を写真つきで解説していきます!...
【インターネットをすぐ使いたい】最短即日から使えるネット回線・光回線の選択肢は4つ引越し後すぐに仕事で利用する場合など、インターネット回線をすぐに使いたい場合もありますよね。このページでは、そんな場合に最短即日から使えるネット回線を4種類紹介しています。一刻も早くネット回線・光回線を使い始めたい方は参考にしてください。...

口コミ

天使先生
天使先生
東京ベイネットワークとドコモ光で迷ってどちらかに決めた方、東京ベイネットワーク利用中の方、ドコモ光 利用中の方、それぞれの口コミを紹介するね

東京ベイネットワークとドコモ光を比較検討した方の評判・口コミ

東京ベイネットワークとドコモ光 どちらを選んだ? 選んだ理由
ドコモ光 前に住んでいたマンションでは東京ベイネットワークを使っている家庭が多かったようで、周りに利用者が多いと混雑して遅くなりそうなので、別のネットを検討しました。ドコモ光にしたのは、妻がドコモを使っていて、割引が受けられたためです。

東京ベイネットワーク利用者の評判・口コミ

東京ベイネットワーク利用者の口コミは現在調査中です。回答があり次第追記します。

ドコモ光利用者の評判・口コミ

【口コミ・評判調査】ドコモ光を利用中の方に回線速度・Ping・満足度を聞いた結果ドコモ光の評判・口コミを調査するために、実際にドコモ光を利用している方に、回線速度(実測速度)、Ping値,その速度で利用していてどのくらい満足しているか(満足度)などのアンケートを実施し、結果をまとめました。...

解約にかかる費用

最後に、東京ベイネットワークとドコモ光で解約にかかる費用を比べてみました。

東京ベイネットワーク ドコモ光
解約にかかる費用 特割あり:利用料金1ヶ月分(シンプルネットIIは戸建住宅5,830円、集合住宅4,950円)

24か月以内の解約時は工事費残債(戸建住宅最大13,200円、マンション最大6,600円)の請求あり

戸建住宅5,500円/マンション4,180円

東京ベイネットワークの特割利用時にかかる解約費用は利用料金の1ヶ月分なので、シンプルネットIIで契約する場合戸建住宅は5,830円、集合住宅は4,950円であると考えられます。

ただし東京ベイネットワークは、24ヵ月以内に解約すると別途工事費最大13,200円の残債も支払わなければいけません。

よしこちゃん
よしこちゃん
要注意ね。

ドコモ光の違約金は戸建住宅5,500円、マンション4,180円で、工事費はキャンペーンで無料になるため残債の請求もありません。

【縛りなし!】最低利用期間がなくいつでも違約金なしで解約できる光回線を紹介!【2022年11月】多くの光回線が、2年~4年ごとの自動更新プランになっていて、更新期間以外に解約してしまうと高額な違約金がかかってしまいます。しかし、中には契約期間の縛りなしで、いつ解約しても解約金がかからない光回線もあります。そこのページでは、そんなお得な光回線をまとめて紹介しています。...

東京ベイネットワークとドコモ光はどちらがオススメ?

最後に、東京ベイネットワークとドコモ光はそれぞれどんな人におすすめであるかをまとめました。

東京ベイネットワークがおすすめな方

東京ベイネットワークは、以下の条件に当てはまる方におすすめです。

  • 江東区や中央区に住んでいて、地元に密着したケーブルテレビを利用したい
  • インターネットはネットサーフィンやSNSなどライトな用途が中心、仕事や授業、動画配信で使うことはない

東京ベイネットワークはエリアが限られ、回線速度はやや遅めとなっています。

仕事ではなくプライベートでちょっとインターネットを使う程度である場合におすすめになる点にご注意ください。

また東京ベイネットワークはauスマホやUQモバイル・スマホとのセット割がありますが、セットでケーブルテレビか電話を申し込まなければいけないので気をつけましょう。

単純にau・UQとのセット割を受けたいだけなら、ソネット光プラスやauひかりなどその他の光回線を選んだほうが快適・安価である可能性が充分にあります。

東京ベイネットワーク公式サイトはこちら

ドコモ光がおすすめな方

ドコモ光は、以下に当てはまる方におすすめです。

  • 東京ベイネットワークのエリア内に住んでいない
  • リモートワークやオンライン授業、動画配信、オンラインゲームなども快適にこなせる高速なインターネット回線を使いたい
  • ドコモスマホとのセット割を受けたい

ドコモ光は月額料金が充分安価で、回線速度も最大1Gbps対応の高速です。

多くの方が申し込んで満足できるサービス内容ですよ。

またドコモスマホとのセット割もオプション不要で適用できるので、ドコモユーザーには間違いなくドコモ光がおすすめです。

基本的に、東京ベイネットワークとドコモ光で迷ったらドコモ光を選んでおけばOKです。

東京ベイネットワークは、公式サイトなども読みながら比較してどうしても選びたいと思った場合に申し込んでみてください。

ドコモ光
v6プラス対応の高速回線
ドコモユーザーなら毎月最大1,100円/台 割引(ドコモ光セット割)
オプションなしで42,000円キャッシュバック
新規工事費無料
dポイント2,000円分プレゼント
ドコモ光10ギガ申し込みならdポイント17,000円分プレゼント
セキュリティソフト(マカフィー)1年間無料
訪問設定サポート1回無料
v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタル無料
【2022年7月の申し込み~解約金減額!】ドコモ光の解約金が戸建てなら5,500円 マンションなら4,180円に減額!

ドコモ光の提供エリアは、日本全国をカバーしています(場所によってはエリア外の場合もあります)

他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら

  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

光コラボからの「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。

キャンペーン詳細をみる

公式サイトをみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です